ロングライドでいこう(仮)

初心者の私がロードバイク関連の日記を細々と書けていければと思いブログを始めました。よかったら見てやってくだちい。

初心者の私がロードバイク関連の日記を細々と書けていければと思いブログを始めました。よかったら見てやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ミノウラ新型スタンド DSX-1を購入してみた。

DSC03190
  リビングの一角を占めているロードバイクスペース。ロードバイクを一台、ヘルメット、ウェア用のラック、パーツや工具の数々。KONA ROVE STに乗り換えた事もあり、いざ整理しようとして目をやると、まとめ切れているようでまとめ切れていません。

  これからディスクロード用の工具やパーツも増える事ですし、これは困った。という事で整理整頓の為に色々と買い替えの時期に突入。

  まず今回はディスプレイスタンドを買い替え。タイヤのサイズが26c→36cへと変わったのを機会に、幅広いサイズに対応する物を探して見つけたのがこちら。ミノウラ DSX-1 ホイールを乗せるだけの簡単なスタンド。


DSC03191
  早速届いたので開封すると、まさかの組み立て式。説明書を見ながらなんとかなりましたが、組み立ては簡単ではありませんでした。


DSC03211
  組み上げるとこんな形に、中々のコンパクトさでスペースを取りません。さぁでは性能の方は如何でしょうか?早速ホイールを乗せてみました。


DSC03214
  おぉー!きちんと自立してる!これは凄い!

  ホイールを真っ直ぐに載せると、ぐにゃん♫と車輪受けの部分が変形して左右からしっかりと挟み込み自立しています。

DSC03212
DSC03216
  秘密は真ん中のスプリング。これのおかげでロード用のタイヤからマウンテンバイク用の2.25インチまで幅広く対応。これならスルーアクスル部分にも干渉しないので、ディスクロードにも最適です。

  久しぶりに良い買い物をしました。が、これからまたちょこちょこ買い換える物が見えて来たのも事実。お金が無いので、必要最低限の出費でどうにかしたい所です。



ランキングに参加しています↓ポチっとしてもらえると嬉しいです(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

NHK WORLD TVのサイクルアラウンドジャパンで自転車百景を堪能する。

 繰り返し流れ続ける日常を、せめて週末だけは切り離そう。とロードバイクに乗っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?かくいう僕もその一人です。近場のサイクリングロードを爽快に走ったり、輪行を駆使して首都圏から離れた峠を堪能しに行く。どれも楽しく、日常のストレスを発散してくれますよね。

 平日に戻ってもSNSのおかげで、ヒルクライムスポットや穴場グルメの情報が沢山タイムラインに上がり、週末の楽しいひと時を思いながらモチベーションを保ちつつ乗り切っている方も多いと思います。平日チャリダーさんの絶景写真なども上がってきて絶景ロスに襲われる事もありますがw


 そんなストレスを解消してくれるロードバイクですが、日常生活と切り離した郊外のライドを積み重ねるうちに、非日常へ傾きが大きくなりいつしか【旅に出たい】と思うのは、ローディーなら至当な感覚であると言えます。

 新幹線輪行や飛行機輪行、オール自走・車載など手段は多々ありますが、一皮向けたほぼ全てのローディーが通る道の一つです。しかしスケジュール・準備・宿の予約など簡単に出来ないのが現実。しかしなんとかこの【旅に出たい】という欲求を満たしたい。という時にオススメなのがこちら。


IMG_8896
 NHK WORLD TV製作の【CYCLE AROUND JAPAN】僕が見始めたのはたまたま数年前に地上派で放送された回を見たことがきっかけでした。Chapter2 Bikes Japanのマイケル・ライスさんがライダーとなり(他のライダーさんが走る回もあります)、季節ごとに日本各地へ旅をしながら、人との出会い・日本文化を体験していく【ロードバイク旅番組】こちらは日本のNHKでは放送されておりません。本編の字幕も勿論英語。海外向けに放送されている番組です。

 過去の番組をアーカイブで見れる事を知らなかったのですが、確認した所番組サイトで視聴できるようなので、是非皆さんも視聴してみては如何でしょうか?https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/cycle/


IMG_8897
 日本語がペラペラなライスさんと地元の方の交流にほっこりします。日本人でありながら知らなかった文化も沢山出てきて勉強にもなりました。海外向けの日本番組は、地上波で放送されている番組よりも丁寧で綺麗に作れているのも、番組の魅力の一つです。


IMG_8898
 勿論素晴らしい風景も沢山見れますし、日本の四季を走る姿には羨ましいの一言。時には悪天候の中を走る事もあるそうですが、全天候スポーツのロードバイクならではですねw

 製作会社は【世界の車窓から】【世界の街道をゆく】などを手がけるあのテレコムスタッフ。さすが納得の映像美ですね。ローディーには【チャリダー★】の方が馴染みがあるのでしょうが、残念ながら我が家はBSが映らないのです・・・【CYCLE AROUND JAPAN】のように【チャリダー★】もオンデマンドで見れるようになれば嬉しいですけどね~。

 GWを利用してロードバイク旅の計画を立てている方もいらっしゃると思います。【CYCLE AROUND JAPAN】を視聴して旅プランの参考にしてみるのもいいかもしれません。僕はゴールデンウィークなんてものは無いので、皆さんの絶景報告をお待ちしてます~w



ランキングに参加しています↓(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブラックバーンのアウトポストカーゴケージを使えるようにしてヘリノックス 充してきました。

FullSizeRender
 飛びついて買ったブラックバーンのアウトポストカーゴケージ。KONA ROVE STのフロントフォークとダボ穴の位置が合わないと前回のブログでお伝えしたのを覚えておいでだろうか。

  その後急いでダボ穴増設キットなるフランス産の物を購入しましたが、元々付いているダボ穴と増設したダボ穴の高さが合わない。という泣きっ面に蜂・ドブ銭をかまして泣きそうになりました。


   という事で困った時のメカニックDORAさんの所へ。


IMG_8763
IMG_8764
 パンパカパーーン!電動ドリルで穴を空けてダボ穴に合うようにしてもらいました!!勿論使用は自己責任です。


IMG_8773
   早速翌日の仕事終わりにヘリノックス を括り付けて市内の芝生公園へ。


IMG_8778
FullSizeRender
 久しぶりに訪れたけれど相変わらず広いし綺麗。市内の外れにあるので余り人も居ないのが良い。昔はよくここでBBQをしたんだけれど、ご時世なのか火気厳禁の看板が建てられていた。


IMG_8789
  固定ベルトの片面がシリコンバンドになっているので荷物のズレにも強い。試しに思い切り地面にフロントをバウンドさせたけれど問題無し。

  荷重は地面に近いほど安定するので、この選択は間違い無し。といっても改造してあることを忘れずに丁寧に使っていこうと思う。出来れば皆には僕のような考え無しな買い物をせず、きちんも寸法を測るかショップのお世話になる事をオススメし、反面教師にしていただきたい。



IMG_8818
FullSizeRender
  ヘリノックス のある生活最高です。今回の記事も、仕事終わりにこの公園で日光浴しながら書きました。家から飲み物と食べ物を持ってくればお金もかかりません!無限に座ってられると思い込むほど、座り心地が最高です。



↓ランキングに参加しています。よろしければ(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロードバイクでの補給食は自作おにぎり。お金は使わずにカロリー消費は大きくしたい。

  ロードバイクという趣味は中々にお金がかかります。趣味ですからそれは当然。この世にお金がかからない趣味は少ないです。中でもロードバイクは結構貴族的な趣味です。エントリーモデルは安価で幅広い物が揃っていてかつ、最初の一台を何年も使うといった考え方や月に1回ほどしか乗らないという使用方法ならお金はそれほどかかりません。が、得てしてロードバイクという趣味を始めると大抵の人はそんな最初の考えは吹っ飛んでいきます。

FullSizeRender
FullSizeRender
  ロードバイクの楽しみ方の1つにパーツの買い替えがあります。多くのパーツで構成されて居るロードバイク、こだわりまくるとネジ1つまで自分で選ぶ事が出来ます。大抵の人はこの延長線上にあるフレームの買い替えで2台目に遅かれ早かれ辿り着きます。そしてロードバイクも物ですから当然壊れる事があります。パンク1つしたらチューブ代で1000円位かかっちゃいます。なので結構なお金がかかります。

  趣味なんだから使った金額は考えるなよ。と言われてしまえばそれまでですし、正直そう言えるあなたが羨ましいのですが、月に1万円以内でこの趣味を持つ僕にとっては、出来るだけ使うお金は節約したいというのが本音です。


FullSizeRender
IMG_7724
  安全に走る為の車体のメンテナンス費用や輪行時の電車賃など、避けられない支出ですが、節約出来る所はギリギリまで節約しています。その1つが、ソロライドの時の食事です。


続きを読む

ヘリノックスとロードバイクの親和性について、花見ライドで検証してみた

DSC03064
 どのような道でも走破する事が目的のオールロードには、それに対応出来るよう様々な備えがしてあります。リアキャリアダボ・前後フェンダーダボ・ダウンチューブ裏・フロントフォークの左右にも台座を取り付けられるようになっていて、まさにアドベンチャーバイク。納車してからほぼ毎日ジテツウで、冒険とは程遠い使い方をしていますが、折角ならこれらの機能をより生かしてより身近に使いたい!どうせならこの季節に花見に!!とこちらをポチ。

 ブラックバーン アウトポストカーゴケージ 大容量のボトルやキャンプ道具を装着できるスーパーマルチゲージ。そのサイズから、逆に普通のロードバイクではあまり使わない種類のケージです。


DSC03065
 早速フロントフォークのダボ穴へ装着してみます。


DSC03066
 穴の位置が合わないwwww


 まさかの事態に声も出ずにがっくりと肩を落とします。きちんとサイズを調べて買うべきだったーー!!と後悔先に立たず。と思うも同時に『いや寧ろフレームの設計なんてメーカーで違うんだから合わないのが基本では?そしてそれに対応するパーツが何処が出してるんじゃないか?』


 と探したら合ったwwwただ今回は間に合わなかったのでレビューは後日。という事で今回取り付けようとしていた‘物‘は、少し工夫して取り付けました。


続きを読む

渡良瀬のヨシ焼きとオールロードでの100km

  DSC03009
 昨年のちょうど今頃、江戸川CRを使って渡良瀬遊水地のヨシ焼き後へ、へるさんとゆっけさんも行っていました。確か記事にしたよな〜?とリンクを貼ろうと過去記事を検索するも、記事にしてなかったみたいです僕。

  渡良瀬のヨシ焼きというのは年に一度、枯れたヨシズを焼くことです。昭和30年ごろから行われている文化で、灰による害虫駆除や焼け跡に新たな生物の土壌を築く為らしいです。


  あの広大な土地にある黄金色のヨシズが、昨年観た時は真っ黒な灰になっていた光景に、この世の終わり感を感じたのを覚えています。ならば炎に包まれる模様は凄く格好いいんじゃないか!?と男の子心誘われて、今年は当日に観にいって来ました。

続きを読む

KONA ROVE ST 2018年モデルを迎えた理由

  久しぶりのブログ更新。昨年からあまり更新されていない当ブログ、単純にロードバイクに乗る機会が減ったので更新も停滞しました。暇で仕方がなかった僕も、去年は少し真面目になっていたので、ガクッと趣味の時間が減ったんです。

 僕よりもきちんとした人たちが週末に趣味を継続しているのを見て、改めて自分の不真面目さに気付きました。いやまあま好きな時に好きなように乗るのが趣味だとも思ってるんですけどね!そこに毎週乗るから偉いとか偉くないとかは無いんですよね。


 乗る機会が減ったとは言ってもそこそこには乗っていたんです。ブログ記事にはしていませんが、本年一発目のライドは利根川CR160㎞走破して銚子へライド。前回の記事を見ていただくとわかる様に久しぶりの輪行で飯能へヒルクライム。決してロードバイクに飽きたとかでは無いのです。ロードバイクと関わる姿勢が変わった。とでも言いましょうか?

 実はサイクルジャージを着ないでガシガシ地元では乗ってました。それこそ去年は一時期通勤やイベントの手伝いで地元を駆け巡る位。今年は職場を地元へ移したので、毎日ジテツウ。僕にとって自転車に乗るという行為が、週末の趣味。から、生活の一部。に成り代わっていった、いや戻ったんです。高校時代、3年間チャリ通学で使っていたあの頃のように。


DSC02991
 ここでやっと本題。何故にROVE STを買ったのか。という説明。理由は単純!格好良かったから!!というのが入り口で、そこから今のライフスタイルに合ったROVE STの仕様が追いついて来たから買う理由になったんです。

 
DSC03008
 流行りで言うとグラベルロード、新しいカテゴリーを使うとオールロードなバイク。攻めて言うと舗装路から悪路まで走破できる姿勢。天邪鬼が突くとロードバイクより遅くMTBよりトレイル出来ない器用貧乏。人により意見は様々ありますが、僕はこのオールロードって言葉が、好きで使っています。通勤から週末のライド、ちょっとしたアドベンチャーな林道、将来は泊りがけのライドまでもこなしてくれそうなポテンシャルを秘めたこの一台に、相応しいワードだと思うのです。


DSC02996
 フロントシングルによりトラブル率の低下。以前からフロントシングルに乗ってみたくてたまらなかった。


DSC02999
 ワイドレシオのギアスプロケット。これでならタイヤを換えれば峠もそこそこに超えられそうです。

 
DSC03001
 ディスクブレーキは安全と信頼のTRP spyre 機械式ですがキャリパーと比べ物にならない制動力。スルーアクスルもクイック付きの物に交換予定なので、手間はネガティヴな要素にはなりませんね。

 
DSC02995

DSC03002
 フレームカラーも目立ち過ぎない。けど遊び心のあるペイントがGOOD!羊かな?

 
DSC03000
 ホイールはアレックスリムズのBOONDOCK3。知る人は知る勢いに乗るメーカー製。僕もお世話になってるショップで去年から聞いていました。しかも付属タイヤは最初からチューブレスレディ、これがありがたい。700c×36cで重量はありますが、普段使いなので問題無し。候補としてゆくゆく32c辺りも視野に入れています。

 
DSC02987
 ホイールのクリアランスがこれだけあると言うことは650bホイールも勿論使用可能。よく目にするロードプラスと言う言葉とエアボリュームたっぷりのあのタイヤが使えてしまう、こういった選択肢がフレームに現れているのも楽しみの1つ。ロードプラス規格について詳しくは京都の一条アルティメイトファクトリーさんさんが取り上げてらっしゃいますのでこちらをどうぞ。

 
DSC03006
 フェンダーやキャリアを装着できるダボ穴もフロント・リアに完備しているのでカスタマイズも思いのまま。正に生活の一部になってくれる一台です。

 僕にとって3台目となるこのバイク。クロモリとしては先代に続いて2台目。スティールの重さにネガティヴを感じないのも、ROVE STを選んだ理由だと思います。正直ロードバイクで走れていた所が全部今まで通り走れるとは思っていませんが、それ以上にこれまでは走る事が出来なかった場所を走れる!という楽しみが勝ってます。百景とは大げさですが、このバイクで新しい景色を見る事が楽しみでなりません。



ランキングに参加しています(´∀`*)↓よろしければぽちっと応援☆


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2018年ヒルクライム初め!飯能~越生~ときがわ町大寒ライド!人は何故上るのか・・・

DSC02918
  ローディー約束の地とされていた飯能。しかし太陽フレアと密接に関連する関東圏のローディー500年に一度の活動期にあたり人々は相模原・秩父・伊豆へと移り、次第にその伝説は薄れていった。

  2018年は全くロードバイクに乗らなかったぼんはローディーとしての経験値がスッカラカンと抜け落ちている事に危機感を感じ、かつての信仰心を取り戻す為約2年ぶりに飯能の地へと赴いたのであった。


3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerであった。とか言ってるけど冬の飯能寒い…つうか今日から大寒じゃん!!




DSC02917
DSC02915
  輪行自体が久しぶりで駅前1.5倍の時間がかかりましたが、やってきましたひがはん☆約2年ぶり。お久しぶりのひがはんちゃん(多分メス)も元気そうで何より何より。姿を見れただけでも来てよかった。

  本日の目標はリハビリ。半年ほどまともに・乗っていない・登っていない。つまりゾンビ化している。春先になり山にでも登ろう。なんて軽く思って突撃してしまったら最後、フォールアウトみたいな白骨になってロードバイク横に面白ポーズしてる事になってしまいます。

  お手軽な坂や峠に溢れる飯能〜越生地域。この土地に2年前にハマったのもその特性ゆえ。初心忘れるべからず。忘れたなら取り戻せばよし。という言葉を作り上げたので行って来ます。

続きを読む

路地裏の夢を見る宇宙少年の心は

  スローライフな週末のカフェ巡りや神社仏閣のスピリチュアルスポットを巡る文化人的生活に憧れるるものの、長らく千葉の田舎暮らしをしている私には今更少しハードルが高いです。

  しかし思春期を通り越して10数年。三十路にもなると自分の身の丈にあった事と理想のせめぎ合いが僅かながら残ってうろうろ。

  ならばせめて!と僅かな抵抗で都内をぶらっと歩いてきました。

 4時間。

  田舎者のチープな発想とローディーの距離感覚の壊れた概念が合わさったらどうなるか?実はそんなに面白い事は起きないんです。


  馴染みの駅から始めようという安心感を求めて秋葉原へ降り立ちました。ヲタク日課のパトロールも兼ねてということでもあります。


  【肉汁麺ススム】をへるさんと食べに行った時から気になっていた【青梅珈琲】さんへ寄ってみました。テイクアウトが出来るコーヒースタンドで、一杯100円からありました。

  この時点で池袋まで歩く事は決めていたので、電車から降りて外気に慣れていない身体を労わるためにカフェオレを注文。ふわっとした暖かい一杯をご馳走様でした。


  歩き始めがそれは秋葉原、慣れた路地裏が続きます。ふとここで思い付いたのが【大通りを回避して路地裏を通って池袋を目指す。】という縛り。ゲーム難易度に飽きたヲタクが勝手に始める一人遊びみたいなものです。


  神田明神方面から水道橋へ抜ける路地裏がかなりエモい。思わず足を止めてじっくりと観察してしまう建物が多かったです。スタートしたであまり遅くなっても・・・と思い軽めにすませようとしますが、それも今思えばもう少しゆっくりしても良かったかもしれません。

 岡持ちではなくお盆にそのまま蕎麦を載せた出前のおじいさんを見かけた時は、ドリフのコントでも見ているかの驚きで腰を抜かしそうになりましたwこれが見れただけでも今日は来て良かった。




 気づけば神楽坂を通り過ぎて早稲田の方へ来ていてらしく、急に坂が多くなってきました。路地裏へ
いざなう名も無き坂達。近くに幼稚園があるのでしょうか?お迎えのお母さんやお父さん達と手をつなぎながら、今日あった一日の出来事を聞いてもらいながら歩く光景にほっこりしてしまいました。

 カメラを構えたお兄さんがいるよ!なんていわれた時には流石にハハッwと苦笑いが出ましたが、不審者やおじさんに見られなくてホッとした自分でした。私に見せ付けるかのように全力で駆け上がっていく子供達、彼らにはここも遊び場の一種なんでしょう。



 解体が決まっているコインパーキング。むき出しのスイッチと錆びたトタン。どのくらいここにあったか分かりませんが、長い間お勤めを果たしたその姿にはなにか、感じる物があります。

 九十九神などの神話が出来たのもこういった感情からなのでしょうか。




 学生が通いつめているであろう食堂を勝手に想像してストーリーを空想しながら歩く。

 僕はこんな偏差値の高い大学には通っていませんでしたが、それでも大学生活という特殊な一瞬を過ごせた事は今でも思い出に残っています。

 何か嫌な汗をかいたので足早に去ることにしました。





 現在地を確認すると目の前に神田川と都電の表記を見つけました。そういえば教習所で路面電車の勉強もしたよなあ。と謎の復習をしていると目の前を通過。あまりにも小奇麗な外装の車両が通り過ぎるもので、都心の交通機関は違うな。と昔ふるさとは熊本で見たちんちん電車と比較していました。




 路地裏縛りをしていて気づくことがあります。それは、小川と神社が都内にはそこそこ多い。という事実。

 完全には埋め立てられていない小川が生活用水として残ってる姿を目にすると、姿かたちは変わってもそれこそ江戸時代から続く、水が近くにある事。という町の基礎は変わっていないもんなんだなぁ、知れます。

 同時に、町に根付いた信仰の象徴である仏閣が残るのは、緑が少なくアスファルトで埋め尽くされていった都心でも、それは逆に自然な事なのでしょう。



 路地裏めぐりと合わせてグルメも開拓したかったのですが、商店は基本大通り沿い。という基本概念が抜け落ちている事に、雑司が谷で気づきました。慌てて駅前を通過。すると見つけたのが味自慢のメロンパン屋さん。

 迷わず名物だというホイップクリーム入りメロンパンを注文。軒先で食べさせてもらいましたがこれが絶品。


 待ち合わせも池袋へ到着して即ビール。運動とは違いますが、流石になにか充実感を演出しただろう。という自分へのご褒美がほしくなったので飲んでしまいました。

 昨今コアな部分を取り上げるのが流行のようになっていますが、それらはきちんと演出された物であり、きちんと下調べをされている事が多いです。今回のように素人の突発的な行動で探せるような物は中々なく、かえってチープさが目だってしまう。

 ただ、やはりやってみないと分からない事や湧き上がる感情もあり、リフレッシュを兼ねての'あの日の少年心'を思い出すには良かったのかもしれません。機会があればまた別の町にも遊びに行ってみたいものです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
↑ポチッとしてもらえると嬉しいです(´∀`*)

ローディーデフレ飯第2弾。東京都台東区浅草にあるデリカぱくぱく

  お皿からはみ出るくらいの山盛りが美しいと思うどうも僕です。お久しぶりの今回はまさかのローディーデフレ飯第2弾。

  僕も続くとは思っていなかったネタだけに書いていて驚いていますが、意外とこのネタになる店って多いと思うので、もう一人歩きして欲しい位です。

  1枚目の画像から何個おかずが乗ってるんだ?という最近の弁当にしては幕内辺りを軽くぶっちぎってる盛りを見ていますが、おかずが常時4品位出てくる我が家をに住んでる僕も正直これには驚き。


  浅草は国際通りにある24時間営業弁当店【デリカぱくぱく】浅草演芸ホールの横、ドンキホーテの斜向かいにあります。有名なお店らしく、ネット検索すると色々な方が記事を書いています。

浅草と千葉県民の僕って接点ないんじゃない?と思われるかもしれませんが、実はロードバイクに乗り始めた頃から関わりがあるんです。

  初めてのロードバイクを外神田のビアンキストアで買った日からずーっと6号経由で浅草を通っていた。と言うだけですが、ナイトライドしに来たり観光しに来たりとまぁ千葉から1番近い東京の名所浅草。


  大きなスーパーでも中々見られない陳列美を無視したこの弁当の山。だがそれがいい。こ綺麗さなんて要らないんす。


  このお店の特徴はまず何と言っても値段。お弁当は最安値250円。コンビニで売ってる弁当の半分以下の値段で買えちゃうんです。その値段だと中身がショボいんじゃないの!?いいえ、倍の値段するコンビニ飯の方が残念だったりします。


  こちらが250円のお弁当。鯖の塩焼き、コロッケ、唐揚げ、お漬物にゆかりご飯でこれです。正直に言います。ほぼ毎日買ってます。


  鯖も肉厚だしご飯も普通に美味しい。満足する内容にお値段。


  こっちは350円。250との差は100円しかないのにこのおかずの盛り。もはや暴力と言っていいくらい飯の上にこれでもかと載せてます。

ブサイクwwwでもこれ、大好きなブサイク飯だwww


  弁当の中に入っている味のないスパゲティなサムシングはソースとかにから混ぜて食べるのが自流です。

  中々弁当屋で24時間営業って聞かないですよね。安さの秘訣は大量に作っているからなのでしょうか?そこんところは知りませんし聞く勇気もありません。ちなみにお惣菜なんかも安いです。コロッケ一枚50円と、今まで生きて来た中で最安値を叩き出しました。

  お前これロードバイクと関係あるのかよ?と言われても脂汗をかかなくなってきましブヒ。
プロフィール

ぼん、ぶーさん、か...

ギャラリー
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
  • tamron 28-75mmF/2.8 Di Ⅲ RXD A036で撮る その7 日暮里・谷中銀座~上野公園
Amazonライブリンク
ブログ村ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自転車コミック
免責事項
ロングライドでいこう(仮)に掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。