068
 土曜日に輪行する予定なのに火曜日に荷造りを終えてしまう。どうも僕です。心配性+せっかちなもので準備出来るスイッチが入ると止まりません。なのにボトル忘れるよね?とか思った意地悪なあなた!小学校の頃は学級委員をやっていましたね!?帰りの会を始めます!って元気に言っていたタイプでしょう!

 
以前にビアンキ集まりすぎちゃったライドでご一緒したつきおさんから『ぼんちゃんいろは坂は行った事あるの?』から始まった今回の輪行。ちとまた病気で色々と落ち込んでいる時にお誘いいただけてとても助かりました!なので誘ってもらったその日に上に書いてあるとおり、輪行の支度を整えるという荒業ですw

 今回は栃木県は日光市、千葉県の小学生の林間学校でお馴染みの日光ですよ!10年以上昔に日光東照宮を見学した記憶が微かに残っているような気も・・・ちょうどまゆ姉さんとあすくさんが先日いろは坂~金精峠を走ったという事でコースと寒さを聞いて、コースも服装もそのまま参考にさせて貰いました!



069
 ガーミンコネクトで金精峠までのルートを引いて確認。東武日光駅から日光東照宮方面に向かった後はほぼ真っ直ぐの様子。ガーミンさんの往復設定だと第二いろは坂で上りも降りも済ませようとしてくるので注意!上りと降りで第一・第二といろは坂があります。

 一本道だから迷うことは無い。いろは坂までゆるい斜度だから大丈夫よ~。と教えたもらったので、いろは坂の距離、金精峠の平均斜度、ルートの獲得標高などなど全く調べて行きませんでした!!これが失敗です。いや失敗というか、初見には初見の面白さや楽しみ方があるのですがそれは初見でも大丈夫な人限定であって、初見殺し!に引っかかっり アッーーーー!!(≡ω≡.) とあっさりとヤラレテしまう自分は下調べをきちんとしなければいけない貧脚なのですよ。なのに調べていかないというのはやはり失敗だなと。初めに書いたと おり心配性でせっかち、愚かなりぼん太郎。まあ予想もしていなかった初見殺しに引っかかるというのも面白いんで好きなんですけどね。

 
 筑波山以外で初輪行。というか輪行自体3回目。二時間越えの長時間電車に 揺られるのは初。という事で朝は早いです。が、まさかの信号トラブルで遅延して乗り換えがギリギリ!朝からハラハラ!サイクルジャージのまま電車に乗り込 むとめっちゃ凝視されますが、アイウェアをしていればなんとか心は持ちますw


 春日部で乗り換えると目的地は一緒だろうと思われる輪行ローディーが多数。浅草発の春日部から日光まで東武スカイツリーラインは直通なのでとっても楽です。運賃も安いですし。

 ここでつきおさんと合流。輪行で便利なS字フックを頂きました。成るほど!これはすげえ!目から鱗!楽だ!S字フックのおかげで車両が揺れてもなんのそのであります。調べてみると吸盤タイプのフックを使っている方も居たりして、輪行慣れしてる人は色々と工夫してるんですね。


 途中トイレを我慢しまくってあーこりゃ流石にやばい。と悟った頃に車両にトイレ着いているよwと教えられて初トレインかました事件を乗り越えて東武日光駅到着!ってローディー多い!こんなに!?

 流石3連休ですね。としか考えていなかったのですが、日光は今正に紅葉シーズン。そりゃあ人多いはずよ!


 ぱーっと輪行解除して準備完了じゃ!今回はボトル忘れませんでした!輪行袋は駅のロッカーに預けます。東武日光駅はロッカーの数が凄く多くて助かりました。


[今回のダイジェスト動画はこちら!読み終わったら見てね☆]

[いろは坂~金精峠 1080P/60対応 HD再生推奨]

 さて走るべ~。の前に駅前のサンクスで朝ご飯。フライドチキンを食べたくなりましたが消化が絶対に遅いと思ったのでおにぎりに。おにぎりも消化が早いとは言えませんが、外で食べるおにぎりの美味しさは2倍マシ!

 すでに駅前から山が・・・雲が低く感じますけど。というかちと肌寒い・・・



 駅前から日光東照宮横を抜けるまで3%程の緩い坂道が続きます。う、うー む、普段こんな感じの道を走らないので調子が掴めません。平地よりケイデンスは落ちるけどもそこまで落ちないから廻すのが辛いといった感じではない。ギア を重くしても大丈夫そうだけども距離を考えると自分の脚がもつのかどうかが分からない。

 登りは走らないと速くならない。といった言葉はここらへんも含んでいそうですよね。経験値がある方が速い。というよりは経験に よって自分の中での最適解を叩き出せる様になる。という事でしょうかね?登りに慣れておけば、初見で情報が限られたコースでも蓄積された経験で走れる。っ て事かなと。


 金精峠までの道のりは120号線を使います。というか120号線のみの真っ直ぐコースなので迷わない。この道の上にほぼぜーんぶ観光スポットもあるという有難い仕様。いろは坂・中禅寺湖・各種滝!神社!迷わない・楽しめる・登れる!の三拍子です!最初の二つで死なない三拍子だ!と思いましたが登れるは含まれない、違うよなと。

 がしかしほぼ一本道なので交通渋滞も発生しますので車がめっちゃ多いです。観光シーズンは自転車の方が楽に回れると思います。回りの山々の景色は平地の民からしたら新鮮で、おーこりゃわし観光しとるよ~、しかも紅葉見れるってとっても贅沢でねえの?と感じました。


 ゆるゆるとした登りの120号をそれなりに進むとウェルカム8%が登場します。ここがいろは坂の入り口です。

 「このまま行きましょう!!」

 と啖呵を切りしたが入り口手前の坂でこのまま登りとかやっぱり無理だと悟り

 「看板を撮影したいので止まります!」

 と理由をつけて止まりました。
いきなり 無理は しちゃ駄目です



 いろは坂スタートです。想像していた以上にグワングワンに曲がってる!と思いきや登りはそれほどカーブが多くない!?いや確かにカーブはあるのですがそこまででもなくね?といった作りで。けれども長い!!


 ガーミンのセグメントによれば、
・いろは坂
・全長5.88km
・平均グレード6.4%
・最高上昇401m

 だそうです。18分で登りきる人もいるらしいです。景色が良い!というよりは下を見るとかなりゾッ!とする光景が広がりますし、ぜーはー言いながら登っていたのであまり余裕はありませんでした。

 不動とは違った辛さだなこれは。斜度や距離だけ知っていても、やはり走ってみなければ分からない部分が大きいな。とえっこらどっこら登っているとつきおさんが覚醒・・・(詳しくは動画で)

 
 ティーブレイクしてたんだよ!ごっこをする余裕はありませんでしたがなんとか足付き無しでいろは坂クリア!明智平で山ー!!!ロープウェイ!寒いー!焼き鳥の臭い半端ねー!!!とはしゃぎますが止まると、さ、寒い!ご当地ソフトを食べたかったのですが流石にこれ以上身体を冷やすのはやばい!と断念。

 
 中禅寺湖を抜けて更に物凄い渋滞も抜けてなんとか竜頭の滝に到着!ですがルートを間違えただけです。なので記念撮影だけして、滝の見学は帰りにしましょうという事に。ここで携帯に着信が。折り返しの電話を終えて振り返ってみると、

 つきおさんあんた何してんだwww



104
103
 日本ロマンチック街道を進んでいくと紅葉が目立ってきました。流石ロマンチック街道だぜ!!(何が)ですがまだ色づき始めたばかりなのでしょう。少しまだ緑が多いです。


105
106
111
119
  戦場ヶ原に到着しました。登りから解放される平坦区間で、道も真っ直ぐです。平原と山の景色にFF10のナギ平原が浮かびました。何処かでクェー!!と鳴き声が聞こえてきそうです。


123
125
  平坦の後はまた緩い登り。貴重な平坦区間が直ぐに恋しくなりましたが、進むにつれて森が色付いて来るのでまだまだ脚は廻ります。

  嘘です。若干脚が爆発寸前です。湯の滝を上から覗いてみますが。滝は上から見るものではないですね。帰りに寄る事にして先へ進みます。

127
129
132
  金精峠手前の湯ノ湖に到着。紅葉はここが今 のピークだと戦場ヶ原の店員さんに教えてもらいました。確かに真っ赤!静かな湖で景色も最高です。が、路駐する車や路駐したい車、通り抜けたい車がクラク ションを鳴らしたりして結構混乱していました。お通りの際にはご注意を。特にダウンヒルでは。


135 
  金精峠スタートです。今回一番の山場です。こちらもガーミンによれば、
・金精峠
・全長4.96㎞
・平均グレード7.55%
・最高上昇334m

  スタート時点で膝に痛みが。これは無理したら脚を着くだろうなと感じたので超絶スローペースで、爆弾を爆殺させない様にハートロッカーで行きます。

136
137
  今までポツポツと居たローディーが一気に居なくなります。孤独のヒルクライムの開始です。ただひたすらにペダルを廻して先を眺めてはまだある登りに絶望し、下を見れば絶景というよりは死を連想させます。

  山で1人という状況が与えてくれる物の多さに驚きました。修行や特訓で山籠りをする理由が少し分かったような気持ちです。自分自身を使って出す物を出し切る、限界を超えないギリギリでせめぎ合うヒルクライムの魅力の1つを体感出来たかな?と勝手に思います。

  途中でKOGA乗りさんが『長いですねぇ〜』と声を掛けてくださってとっても元気が出ました。観光地のローディーは優しいw皆挨拶してくれるんですよ。ここで精一杯だ!なんて思っていたのに『心が折れそうですw』と愚痴をこぼさせてもらったら元気復活しました!


139
138
142
  なんとか金精峠脚着き無しでクリアー!登りきった時には叫び過ぎて周りの人に笑われながらも暖かく見守って貰いましたw本当に嬉しかったです。脚が着く着かないなんてのは自分で勝手に思ってるだけなんですけどもね。久々に大きい達成感!

  時間は31分程でした。体力的にここらが今の自分の限界かなぁ?と思いました。膝の痛みが無かったらもうちょっと早く登れるという感じでもありませんでした。ですが次は万全の体制でリベンジしたいですね!


149
146
148
  苦しい登りが終わったなら後は恐怖のダウンヒルの時間です。ダウンヒル乙女系男子は登っている時でもダウンヒルの事が頭から離れません。標高1843mから550メートル地点まで降るのは勿論初。死なない様にブレーキチェックをして、ウィンドブレーカーとインナーグローブを装着して安全に降ります。


143
 恐る恐るダウンヒルを開始。やっぱり降りは早いですね。あっとゆう間に湯の滝まで戻ってきました。今度は上からでは無く下から。有料駐車場は自転車なら無料でした。

 やはり滝は下から見るものですね。真っ赤な紅葉と大きな滝を見て日本人て美しい物が本当に好きなんだなと。


191
192
  ダウンヒルで冷え冷えな身体が危なかったので戦場ヶ原で休憩です。が、日光にはサイクルラックの置いてある店がありません!あるのかもしれませんが、道中 一店も見つけられませんでした。世界遺産だからなのでしょうかね?自転車を置くスペースも無いので水分だけ補給して行こうとしたらゴミ箱も無いので諦めか けたその時、戦場ヶ原入り口にあるお店の店員さんが、『自転車止めますか!?今場所作るので、どうぞ!』とお店の前に停めさせてくれました。・゜・(ノД`)・゜・。優しいー!!!

  という事ですいとんとゆばコロッケを頂いて温まりました。冷えた身体を温めてくれるすいとんの旨さ!ゆばコロッケも中にゆばが入っていて食感が良い!

  店員さんのお友達もロードに乗るらしく暫し談笑。夏の日光は最高なんですよー!僕はバイクなんですけど、自転車も興味があって、などなど。観光地の人は優しくて商売上手だなぁwまた必ず行きます!


217
227
  龍頭の滝にも寄り道です。紅葉はここが一番綺麗でしたねぇ。入り口から歩いて30歩という看板があったので数えたらキッチリ30歩!!くらいでしたw

  龍頭の滝と言うぐらいなのだからバックリと龍の顎の様な滝なのかな?と想像していたら案外小さい。小学生の頃は身長が低かったので、大きく見えたんでしょうねぇ。なんて舐めた事を思っていたらバックリ行きました。


232
  レッグカバーが。バックリとずり落ちてセクシーな絶対領域が。

234
242
  いろは坂でのダウンヒルがスピード出ない+渋滞しているので後ろの車に脅える事もないという状況だったのでめちゃくちゃ楽しめました!ダウンヒル怖いという方にはお勧めの場所です!高所恐怖症+絶叫マシン苦手の僕が言うのでこれは間違いないです!

 中禅寺湖ではダムカードを配布しているらしいので事務所に行ったのですが閉まっていたのでGET出来ず´д` ;
しかもここで左膝に限界が。平坦区間でも廻すのが困難になり、ほぼ右脚で廻していました。膝の調子が良ければもうちょっと回ろうという事になっていたのに、つきおさんには申し訳ない事をしました。


245
246
244
  最後の寄り道はつきおんさんが調べていてくれたゆばグルメ!!全く食に関して調べていなかったので助かりました!補蛇洛本舗さんのゆばむすび!店員のおばちゃんが優しくて優しくて、「お茶入れてあげるから中で食べて行きなー。」と。ロードも店内から見える場所に置かせてくれました。日光の人優しすぎ!

  
243
 早速いただきます。これがうんまーーー!!今日1の美味しさ!もち米をそのまま半生のゆばで贅沢に巻いたおむすび。しかもこのゆば、味付けを二回に分けて 行っている手間のかけ様。そりゃあ美味しいわさ。ゆばむすびに合わせた味付けの漬物もうんまー!!しかも一日50パック限定、最後に運に救われました。

 おばちゃんと暫し談笑。というかもう待ったりし過ぎました。20分くらいお茶を頂きつつロードの話やら天気の話やらテレビ取材の話やら。ツールド日光のエイドステーションでもこのゆばむすびが大人気らしいです!来年参加しようかしら。ロードバイク盗まれるんですよー。という話をすると「日光には泥棒なんていないから大丈夫よ!!」と何度もwwwおばちゃん面白いっすよw今度来るときはお友達も連れてきますね!と約束とお礼を言ってお店を後にしました。



247
  駅まで戻ってきました。
・全行程72.68km
・最高上昇地1,526m
・平均気温13.3度

 つきおさんお疲れ様でした!ありがとうございました!!



 電車の時間まで時間があったので最後は揚げゆば饅頭で〆。これが熱々サクッとあまじょっぱくて最高ー!塩分糖分暖かさまで取れる一石三鳥の食い物。ゆばグル メいいなあ。有名ホテルのカレーも食べてはみたいですが、貧乏な自分には手ごろな値段でオーソドックスな名物が旨い店が一番、助かります。


 次は膝の調子も万全にしてダムカードを手に入れるためにリベンジ決めたいですね!お友達のzakkさんによると、金精峠から降った後に川俣の方に行くルートも楽しいという事ですが、軽く調べただけで必死の臭いが(((( ;゚д゚)))

 ローディーの、全然余裕なんかないよ・楽しいルートだよ・あと少しだよ、は信用しちゃいけねぇ!!!


1回1回のライドを全力で楽しんでます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村