3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger山に登りたいです。今年は飯能で登りに慣れたいです




5ZgP3cKb_biggerルート引いてみましたよどうぞ つ→子の権現が絶対に入ってる




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger飯能に行ったら必ず子の権現を倒す必要は無いんですよ?争いは何も生みませんよ!!



M97yZ8Wo_bigger私もルート引いてみましたよどうぞ つ→3000mUP




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerすみませんお引き取りください




M97yZ8Wo_bigger竹寺も面白いみたいなので、ぼんさんのネノゴンリベンジの練習にしましょう




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerアキアさんやっぱり最近ぶっ壊れてきてる!ネノゴンは私クリア出来る気がしないので、当分放置でも・・・



M97yZ8Wo_biggerネノゴン通らないで仁田山から上って、帰りに竹寺なら練習になりそうですよ。これなら大丈夫です




5ZgP3cKb_bigger
竹寺→子の権現と超えていくのもネタになるかも




M97yZ8Wo_bigger裏ネノゴン→竹寺→謎の林道でもいいかもしれませんね




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerアバババババ!やっぱこの二人やべえ!誰か騙して道連れを用意しないと・・・!

 


 なんてことを言っていたのが3月の頭らへん。なのですが、週末に限って雨やら何やらでライドは延期。皆でウェアを買いに行ったり次期フレームを炊きつけたりAFURIでFURIFURIしながら会議をした結果、どうせなら4月の頭に桜に合わせて走る事にしましょうという事になりました。お花見ライドという事なら騙しやすい

 お花見ならという事で、先日からリハビリライドで復帰したへるはうんどさんもお誘いしました。

icon4099180455555141070hhound3_bigger高山不動尊の桜楽しみです(。-_-。)




5ZgP3cKb_biggerアキアさんが激坂停止芸を見せてくれるみたいですよ☆




M97yZ8Wo_bigger高山不動尊ですか!?((((;゚Д゚)))))))




icon4099180455555141070hhound3_biggerまぁ最後に小沢峠で奥多摩戻ってノコギリ山経由でぼんさんが風張林道アタックしてくれるなら前半はなんでもいいです



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerしまった!リハビリしててもへるさんはへるさんだった!!





 桜ライドだから軽めですよ。なんて都民の森の日のリベンジをしたつもりがあっという間に形勢逆転。やはりヒルクラスキー毒の回り方が違います。へるさんから成木案も出ましたが、先日の和田峠で爆発四散した私の身体では黒く溶けたドロドロの何かに変わってしまうので全力で押さえ込み。とりあえず皆でルートを出し合って、桜を楽しめるルートにしました。まぁれーやんさんがいるという事は勿論 子の権現が入っています。


002
  その後も、自走で集合だ!帰りは荒川のVIAまで行く!桜咲いてないなら河原で輪行袋広げて弁当食えばいいじゃん。とか盛り上がった流れのまま当日の朝ですおはようございますぼんです。

 って雨!!千葉は深夜に降った後でしたが、都内に向かうにつれて雨が降ってきました。乗り換え時に日暮里のホームで普通に降っているのを確認。一応家を出る前に飯能の天気を確認しましたが、あちらは1日降る予定はないみたいでした。雨雲レーダーでも飯能は降っていません。が、この雨で皆さん家から輪行先の駅まで出られない状態なので、雨が通り過ぎるのを待って集合時間をズラす事にしました。

 池袋で、私のブログではチェーンブッパでお馴染みのケースケさんと合流。とりあえず先に飯能に向かって、駅ナカのミスドで待つ事にしました。この日のメンバーは、アキアさん、あきあきさん、ケースケさん、トミィさん、へるはうんどさん、ゆっけさん、れーやんさん、私の8人。気付いたら登れる方達に包囲されてるあら不思議。やっぱり飯能の地は因果律がねじ曲がってる。


004
 無事に飯能に到着です。池袋から乗ったら終点まで乗りっぱなし1時間位で着いてしまうのが素晴らしいですね。私の家からは池袋に出るまでがちと遠いですが、アクセスのし易さは他の峠と比べても格段にいいと思います。

 ミスドのモーニングと無限カフェオレをしながら待機していると続々と皆さん到着。ゆっけさんが雨で動けないみたいなので、一先ず先に出発する事にします。


010
012
 一先ず最初の桜ポイントに到着。そしてここで終了。申し訳ない程度の桜成分ですが、飯能=子の権現に行かないと勿体無い。というアホ理論が発現してしまっているので、桜を楽しむ余地はここしかありません。

 登れる人からしたら子の権現が通過点みたいになって来ているらしく、って子の権現が通過点って書いていておかしいなと思いましたが、登れてぶっ飛んだ人達はそうらしいので子の権現って何だっけ?で何の話してたんでしたっけ?あぁとりあえず桜は最初に楽しんだのでもう後悔は無いよねどうなってもいいよねって事です。




013
015
016
019
022
025
027
 アキアさんに先導してもらい、前回と同じ倉掛峠から子の権現を目指します。初飯能のケースケさんが、

Hvai-uJE_biggerヤバイですよ。何かヤバイ雰囲気がプンプンしますよ。登れるかなぁ。いやー厳しい。

 

 と後ろで言っていて前回の自分を思い出しました。

 初めての場所でのヒルクライムは、ペース配分が上手く出来ずに身体に掛かる負担が大きくなりがちですが、それに合わせてメンタルへの負担も大きいです。コースが分からず無事に登れるかどうかの予想がつかないという事への恐怖はよく分かります。

 私事ですが、やはり諸先輩方のアドバイス通りにヒルクライムを少しずつ始め、少しずつ獲得標高を伸ばし、都民の森を経験した事で、今の自分なら何m位なら登れるか(激坂は除く)・どれ位時間が掛かるかを把握して来たので、負担は減ってきています。やはり経験を積むというのはとても大切です。私の中での・登れる・というのは速度の話ではなく、無事にコースを登りきるという事。ヒルクライムはいきなり登れるようにはなりません。が。コツコツとやっていけば、私のようなピザローディーでも何とかなるものです。

 なんて偉そうな事を言っていますが私と違い、ケースケさんは登れる人です。平地でも走れますし、ほぼ初ヒルクライムの不動峠で私をぶっちぎって登って行く姿を見ていたので、ペースさえ分かれば後は登れるだろうなという事は感じていました。大丈夫っすよー!とりあえず初飯能を楽しみましょう!と自分にも言い聞かすように声をかけます。


032
033
 などと偉そうに言っていましたが私も他人事ではありません。倉掛峠の入り口に立つと前回の苦い思い出が。子の権現には前回大敗北していますので、何回も立ちゴケしたトラウマがしっかり残っています。ウェルカム10%ですが直ぐに終わる倉掛峠ですら脚を溜めまくります。



036
040
042
BlogPaint

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerあぁー具体的に思い出してしまったー!そういえば前回もこの光景見たよー!




 なんて言いながら進んでいきます。勿論ペースはしっかり落としてます。


048
049
050
051
052
BlogPaint
 子の権現入り口まで着いてしまいました。足溜めすぎでしょ!と散々言われますが決してペースは上げません。というか上げられません(´;ω;`)ここで出し切るつもりで行ってもクリア出来るかどうか怪し過ぎるので、誰がスタートを切るかどうかも牽制します。


054
  うーんやはりこの雰囲気が子の権現です。入り口は静かですが、入ったなら絶対にぶちころがすよ☆というオーラがだだ漏れて来ます。


057
058
 走れるトミィさんとアキアさんが先行してそれにケースケさんがついて行きます。その後ろにあきあきさん、れーやんさん、へるさん、私が後を追う形に自然とグルペットが形勢されます。

 二人にばっちりついて行くケースケさんの後ろ姿を見て、

5ZgP3cKb_bigger前回のぼんさんを見ている様だw




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerあー、私こんな感じで心配されていたんですねーw





060
061
 ゆるゆると喋りながら上り、人の心配をする余裕が前半はありましたが、目にした事のある景色が出てくるに連れてしっかりテンションダウン。それはそれはガッ!とペースも落ちる程です。

 何で来たんだ。あの時から体重は変わっていないのに!登りきれる気がしねぇ!いやまぁやっぱり皆で走るのは楽しいけど激坂はダメなやつだ。まぁコケるよりは押して歩いて写真撮ったりして楽しもう。

062
 とかうんだらかんだらかんだら考えていたらあのログハウスの前に到着。相変わらずぶっ飛んだ光景です。


063
064
 先行したれーやんさんが豆粒みたいに見えます。あそこに今から向かわなくてはいけないという現実を叩きつけられます。ここからはもう写真を撮る事もやめて、最終区間に向けて更に力を溜めます。斜度は14%辺りがチラチラと出てきますが、ひたすらに我慢。我慢の我慢をして心拍を上げすぎないように気をつけます。

 頭の中はほぼ空っぽです。耳の奥からドッドッドッ!と音が響いて呼吸は荒く、身体は燃えるように熱いです。滴る汗を拭う事すら躊躇っていると、子の権現あと300mの看板が!ここが本番です。前回ここでクリートが外れ敗退。再チャレンジしても何回も立ちゴケしてしまった場面を思い出し少し恐怖しますが、何とか息を整えます。

 とここで先行していたあきあきさんが惜しくも敗退!しかし最初の左カーブはスムーズに進入し見事クリア!残念ながら足つきしてしまったストレート区間ですが、斜度のあるインよりでの足つきなので、あきあきさんの底力を感じました。


jpg large
【撮影れーやんさん】
 あきあきさんに続き私も左カーブに進入成功。何とかストレート区間に乗ります。斜度の緩いアウト側に寄りますが、途中緩く左に曲がっているので一旦右側に戻り、再度アウト側に進みます。タイヤがスリップしない程度にトルクをかけ、フロントが浮かないように体幹で支えます。
 最後の巻貝に進入した途端にめいいっぱい外側に寄りフルパワーでダンシング開始!ギュッ!ギュッ!ギュッ! と音がなり心拍は跳ね上がりますが、フロントが浮かないように進むので精一杯。シッティングには戻れないので限界まで踏み込みます。れーやんさんが撮影しながら応援してくれていたので、最後の一踏ん張りが効きました!

 何とか最難関の巻貝はクリア!

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerよしよしよーし!




 と声を上げますが、ここからが地味に長いのが子の権現のいやらしい所。

5ZgP3cKb_biggerゴールまだ先!



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerヌァァァェー!


 


 本当にそれ声帯から出せるの??っという奇声を出しながら最後の力を振り絞りストレートを登っていきます。アキアさんもお迎えに来てくれました!励まされながら最後の力を振り絞ってダンシング!


DSC04836
【撮影アキアさん】

 子の権現リベンジ達成ー*(^o^)/*

 何とかリベンジ出来て良かったです。外側に寄っていっぱいいっぱいでしたがなんとかなりました。


BlogPaint
 あきあきさんとれーやんさんもゴォール!!( ´ ▽ ` )ノ


069
BlogPaint
 へるさんもリハビリ子の権現ゴォール!( ´ ▽ ` )ノアキアさんをぶっちぎっています!アキアさんのぶっちぎられた感を出した被写体としての演出力の高さw

 やはりへるさんには坂が似合いますね。絶望的に登れなくなった!と言っていても登れてしまうのは、やはりへるさんがこれまで習得して来たヒルクラ経験値が身体と頭と口の中に血の味として刻み込まれているからでしょう。


079
076
081
083
 ケースケさんはクリア報酬の光の輪っかとお参りをして今回のライドの肝は味わい尽くしました。勝者の背中は大きく足並みは軽やかです。


092
 展望台でサーヴェロをパシャり。フレームにもしっかりと子の権現の記憶が刻まれた事でしょう。


087
 子の権現展望台に現れる撮影妖精と化したへるさん


BlogPaint
 裏ネノゴンも中々のエグさじゃないの?なんて話しているとれーやんさんとケースケさんが堪能して来ましたwwwネノゴンバーサーカーれーやんさんと遊びまわるケースケさんも中々のバーサーカーっぷり!!激坂で苦しんだかと思ったら思い切り楽しんでいたみたいで、誘って良かったと思ったのと同時に、今日はもう心配しなくて大丈夫だなこりゃ!と確信しました。


093 
096
097
 子の権現を降って天目指峠にヒルクラ開始です。前回走った時の記憶が辛かったから加速して何とかした。位にしかありませんでしたが今回はそんなに辛くもありません。

 程よく会話をしながら登れる位の丁度良い峠感。ちょこちょこヒルクライムをしているから自分のペースが掴めているのと、記憶は朧気ですが一度クリアした峠という事もあり、難易度が下がっていたのだと思います。


106
 まぁ気付いたら先頭の四人は物凄い速さで消えていたんですけどね!やはり走れる人達は峠を越えた後の峠でも元気いっぱいです。


110
 先頭四人に遅れて天目指峠を登り終えると、裏天目指から登ってきたゆっけさんと合流。相変わらずチネリカッチョイイですなぁ。っと、んん?あれ…?ホイールが…マヴィックになってる…?


266

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerナァァァァァァァァ!!R-sys!!エグザリッドだ!!!黒いリムのやつだ!!カッチョイイー!!!!!ピギィィィイー!!!!(格好羨まし過ぎて語彙力が落ちてます)



111
 子の権現での牽制やら喋りながら登っていたので時間は中々良い頃合いになっていました。お昼にしようとしましたが予定の山伏峠方面にはお店が無く、ターニップさんで焼きカレーを食べる事に。しかし道は逆方向。食べてから戻って山伏峠に登るのもあれなので、先に山伏峠へ向かい、入り口の自販機スポットで小休憩。ダウンヒル後にお昼にする事にしました。

 ここで本日のアキアさん恒例ご褒美チョコレートタイム。私はイチゴ味を選択。ンマーイ!いつもありがとうございます(*^^*)アキアさんの女子力!チョコレートセンスの高さには毎回驚かされます。山に登ってコーヒー、の代わりにチョコレートという新しいチョイス。チョコレートならヒルクライムでもそんなに荷物になりません。○○峠は〜のチョコレートが合う!なんて事をしたら面白いかな?なんて最近考えてます。ヒルクラチョコレート?是非アキアさんにやって頂きたいですねw



113
BlogPaint
119
  天目指峠をダウンヒル後にズババーーーン!!と山伏峠入口までトレインで向かいます。


BlogPaint
126
 山伏峠手前で小休憩。生であきあきさんの休憩を目撃!正座!ジャパニーズヒーリングスタイル!あきあきさん曰く本当に休める格好のようですw


128
129
DSC04902
130
131
132
  休憩後に山伏峠ヒルクライムスタート!子の権現も終わったのでちと頑張ろうとアキアさんとトミィさんのペースについて行きます。が二人は何とも涼しい顔で登られますヽ(;▽;)ノ

kFamQmo__biggerぼんさんかざ☆りんは登ったんですか?




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerいやいや!入口だけ見て逃げ帰ってきましたw激坂耐性皆無なので…でも都民の森の長い登りは楽しんできました!



kFamQmo__biggerそうなんですね!僕は都民の森の長い登りが苦手で、逆にかざ☆りんとかの一気に殺す!みたいな方が良くないですか?一瞬だし!



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerあばばばばば!やべぇわトミィさんも発想が宇宙人だわwww




kFamQmo__bigger子の権現倒したんですからもうかざ☆りん大丈夫ですね♬へるさん〜ぼんさんがかざ☆りん行きたいって!



icon4099180455555141070hhound3_biggerぼんさんならもうかざ☆りん余裕だから大丈夫だね!




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerほぇぇぇー





136
148
149
  山伏峠はぶちころがす!みたいな斜度の区間はありません。キツくても10%ちょい越えが少しあるくらい、平均斜度7%程で距離は約4㎞のユル長い丁度良い峠です。

 坂スペック的に私が大好きな斜度で、距離もそこそこなのでノロノロと登れます。途中ちょっと頑張っちゃおうかなぁ〜あ〜やっぱ死んだ辛い一休み〜からのゆるゆる登り〜、と足付きしないでサドルの上で自己完結出来るくらいの辛さ。

 路面は綺麗ですが車通りがそこそこあるので、気を付けて登った方がいいかと思います。


157
 山伏峠到着!普通に通り道的な所なので達成感と景観のご褒美感は少なめです。


160
 トミィさんのクォータさんをパシャり。やはりエアロフレームは格好いいです憧れです。ただ、トミィさん曰くシートポストやシートステーの形状がエアロフレーム独特の形なので、小物を付ける時に一苦労するらしいです。成る程確かに。しかしやはり格好いいは正義!しかもクォータでマットブラックというあまり見かけないレアカラー。あぁ〜物欲が刺激される〜!


161
BlogPaint
 なんて事をしてまったりしていると皆さん到着。 さぁさぁ後はやっとお昼!!

216
223
229
BlogPaint
233
242
236
239       上った後はお昼ご飯です。ターニップさんのご好意でラストオーダーを伸ばしていただきました。ありがとうございます。 

 焼きカレーあつあつうまうま!!


243
 あきあきさんのプーリーは綺麗になっておりましたw


BlogPaint
246
248
249
251
257
258
 スタートが遅めだったので仁田山~竹寺はカット、代わりに桜成分を補充。子の権現を除けば中々のまったりライド。坂を楽しみ季節を楽しみ山を楽しみ飯を食いながら楽しく走る。飯能いいとこ一度はおいで。とおすすめ出来ます。

 子の権現子の権現と騒いでいますが、飯能の一番のよい所は、多くの峠にアクセスしやすい。という所かなと思います。私がよく登っている筑波山は、筑波山単体に登る。という事が多くなりますが、飯能は峠と峠をつなぎ易いので、色々なコースを引けます。激坂でアトラクション感を楽しむ!というのも良いですが、数々の峠をゆっくり登りながら、ヒルクライムに一日没頭するというのにうってつけの土地。本当におススメです。私も今年はゆっくりと開拓していきたいと考えています。


260
261
262
265
 ヤマノススメもあるよ!(実は未視聴)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
1回1回のライドを全力で楽しんでます.。゚+.(・∀・)゚+.゚ブログランキングに参加中です。