DSC09298
 午前4時過ぎの江戸川CRを走って、武蔵野線三郷駅に到着。いつも通りの始発輪行です。日が出ていない時間帯と昼間の気温差が大きい、レイヤリングに悩む季節。

 飲み屋から出てきた始発帰り組に奇特な目で見られる中で、輪行バックにロードバイクをIN。見られる恥ずかしさからでは無く寒さのせいで、いつもよりパッキングに時間がかかりました。


DSC09301
DSC09303
 立ち止まっていると寒いので、夜景撮影をしながら始発電車の到着待ち。夏場ではもう空が青くなってきていた時間が、今ではこの暗さ。冬場の自走輪行は地獄だろうな〜。と思うも、なんやかんや走ってるんだろうな〜。という自分が想像出来てしまったロードバイク3年目の秋。



DSC09305
DSC09330
 5:19分三郷→西国分寺→昭島→武蔵五日市7:14分着のルート。この日は休日では無く、週の真ん中水曜日。通勤ラッシュが心配されましたが、ギリギリこの時間帯は混む前だったので、ストレスフリーな輪行が出来ました。

 土日ライドだとたまにしかスライド出来ない憧れのへまさんと遊んで貰います。


DSC09306
 生憎の曇り空の中早速ルートを作戦会議。絶景は望めないにしても、とりあえず登りきった感が欲しい。という僕の提案から何故か風張林道へ。へまさんと走れるということでテンションが上がりきり、自ら血の池地獄へとダイブする事に。


DSC09309
 ハッ!?と気づいた頃には遅いです。春先の都民の森ライドで入口を覗いた藤倉の集落へ到着。未だにきのこセンターの看板は落ちたまま。 冗談抜きで獣臭さがだんだんと濃くなっていきます。そういえば前回は道先の民家で、丁度獲れたて鹿を解体してたなぁ。 


DSC09311
ここが地獄の入口か!!

 冷や汗をかきそうになりますが、ここ半年で僕も確実にレベルアップはしています。加えて今回はへまさんも一緒。ここまで来るのにも中々の斜度でしたが、お喋りをしていたらあっとゆうまに到着していました。


DSC09312
DSC09313
 登り始めからは6%代の斜度。焦る必要は全くないので、ひたすらに省エネ登坂で進みます。路面は中々綺麗で、落ち葉や折木が落ちているなんて事はありませんでした。きっときのこセンターを利用する片も多いからなのでしょう。


DSC09316
 濃い緑の気配と冷え切った空気が道に溜まっている。その中をロードバイクで切り進んで行く。そんな風に思う位の濃密なゾーン、風張林道の匂いは中々好きな部類でした。実はもう斜度はあまり覚えていません。それ位ずっとへまさんとお喋りをしていたので、激坂!という気は余りしない、というよりは気が付きませんでした。


IMG_2338
 巻貝をゆる〜くクリア。足付き無しとかは全く関係なく、ひたすらに写真撮影をして遊びながら進行。


DSC09323
 風張林道の絶景地帯に到着。お天気は生憎の超曇り。ですが、眼下に広がる山々の迫力は、東京のマチュピチュと言われるのにふさわしい景色でした。


DSC09327
IMG_2339
IMG_2341
 30分程2人で撮影お遊びタイム。ロードバイクに乗る以外の楽しみを知る。これも1つのステップアップ。趣味が趣味である為には楽しみを追求しないといけない。追い込みや練習とは違う、何でもストイックになればいいという訳でも無い。心のままに突き進む感ってのがとっても大切なんだな。と分かりました。加えて、自分を主張する、という事は満足感も得られます。サドルの上に居なくても、アピール出来る事がある。


DSC09387
DSC09373 
DSC09389
DSC09395
 奥多摩側へ下ると雲間から晴れ間が覗けるようになりました。コース選択ミスったかな?なんて話にもなりましたが、曇り空の奥多摩も奥多摩っぽくていいじゃない。という前向き精神で解決。


DSC09393
DSC09394
 鹿肉定食でパワーアップ!!!獣系のお肉ってあまり食べた事がありませんでしたが、精がつくお味でこれはこれで美味しい!!歯ごたえもあって口の中で、これがこれから自分の血と肉になんだ!!と感じられる食感。付け合わせのお味噌汁が冷え切った身体を温めてくれてほっこり。白飯が止まらなくなりそうでしたが、まだこれから登り返しがあるので、腹八分目でご馳走様でした。


DSC09402
DSC09408
IMG_2344
DSC09412
DSC09413
IMG_2345
 奥多摩側からの鋸山林道、通称大ダワへ突入。途中道がガレている箇所も多いですが、緑の濃さは先ほどの風張林道の何倍も違います。奥多摩側からは距離が長い代わりにそこまでパンチのある斜度はありません。逆に武蔵五日市側、神戸岩の横を通ってから入るルートだと斜度はそれなりにあるようですのでご注意。

 濃密な空気の層に自分の体が取り込まれていく。一体になるというよりは、沈んでいく感覚の方が近いかも。一度ハマったら抜け出せない粘りのある道でした。


DSC09417
DSC09418
 無事に武蔵五日市駅前まで帰還。解散するにしては早めの時間だったので、何処かで軽くお茶でもという話になり、東京裏山ベースに入ってみました。実はあまりいい噂を聞いていませんでしたが、入ってみると、ほほぅ、これは中々考えられている作りになっている。と感じる所が多くて驚き。サイクルラック設置するなり店内にロードバイクを入れられるようだったら大満足かな?輪行帰宅なのでへまさんはビール、僕はシフォンケーキとコーヒで乾杯。今日のライドを振り返って話は弾む。

 初めてのへまライドは大満足。奥多摩の魅力にも気付かせて貰えた、とても有意義なライドでした。尊敬出来るライダーに出逢えるのがグループライドの魅力。ソロではこんな出逢いは滅多にありません。これからもこういった素敵な出逢いと出会えるように、自分も誰かにそう思ってもらえる様になれたらいいな。と強く思った。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
 1回1回のライドを全力で楽しんでます.。゚+.(・∀・)゚+.゚ブログランキングに参加中です。