DSC00174
 きゅん!と冷たい風を感じながら江戸川を走り、いつもの武蔵野線始発輪行で向かう先は山梨県。実はこの前日まで胃腸炎でダウンしていた私。熱は前日に下がりましたが、胃腸炎のおかげで3日程何も食べておらず、カーボーローディングも何も出来ておりませんでした、しかし体重は一切変わらずといった悲しい弱体化。大事を取って休めばいいものを、 走れないのは勿体無い! という気持ちとへるさんの『走れる走れないではなく、皆で挑戦するのに意味がある。』という言葉を信じて!!

 信じる。なんという素敵な言葉。お互いの信頼関係が気付けているからこそ使える言葉。ペルソナならコミュRANK MAXでペルソナ転生してる状態です。コミュ症の集まりでコミュMAXとかこれ如何にいとおかしとか考えますが、ロードバイクというコミュニティで気付かれる友情、プライスレス。とか綺麗な事を書きましたがはい伏線です。先生言ったよねー散々言ったよねー。こーゆーところテストに出ますって、口を酸っぱくして言ったよねー。飲み会3件目で誰かが吐き出す事確実、カラオケからイチャツキだして気付いたら一組居なくなってるあれ、コーラを飲んだらゲップが出るくらい確実じゃっ!ローディーは嘘つきという答え。そう、嘘つきって忘れてたよね俺☆


DSC00178
DSC00180
 山梨県は大月駅に集まってイカレタメンバーはへる、へま、と~る、ぼん、の4人。ゆっけさんは体調不良でDNS。この日のルートはへまさんがずっと行きたいと言っていた上日川峠を含んだルートを、と~るさんがコースを引いてくれた3200m,オーバーUPライドです。

BFQit6Dg_biggerドヤァ(にんまり)



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger・・・3200m!ハッ!?病み上がりに走る獲得標高じゃねえ!!



uc-pRMPT_bigger大丈夫だよ。実走2500m位だよ。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerいやしかしこれまで2200位までしか上った事ないんすよ。



icon4099180455555141070hhound3_bigger大丈夫だよ。何とかなるよこれくらい。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerなんで珍しくへるさんやる気出してるんですか!?

DSC00186
DSC00182
 3000UPという事は無駄話する時間もおしいという事でそそくさと出発。いきなり目の前から大きな岩山と雲海。今年最後のBIGライドになるだろうな~。というバブリーでハッピーでお得な記念感で流されるままに出発。あまり書きすぎるとしつこくて何アピールなんだ?と思われますが、走り出しからマジで足が重い。少しの坂でも遅れる始末。こりゃ途中でお茶を濁して途中離脱も考えておかないとな。と初のDNFをマジで考える位には糞体調でございました。


DSC00210
3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerなんでへるさん飛ばしてるの?しかも先頭!!



icon4099180455555141070hhound3_bigger弱っているぼんさんにトドメをささないといけないからさ。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerチェェェェェェェェェェック!!!(加速について行く時のあれ)





DSC00246
DSC00254
 尻から何かひねり出しそうになる位には追い込まれてお互い汗だくになりながらとりあえず何処かのダムに到着。山間の赤や黄色の鮮やかに目を奪われる事もなく、そのままこの日1つ目の登りに突入。コースプロフィールとか全く見ていなく、この日通る峠の名前は1つも知らなかったので、気分はミステリーツアー。ただ残念な事に添乗員さんは美人なお姉さんではなく、インナーロー教団というイカれたヒルクラジャンキー。 


DSC00286
DSC00291

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerはぁー↑☆!!澄み切った青空と降り積もった落ち葉の絨毯とクソ坂ー!♪!!



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerガイドさん!!山頂はまだですか!?



uc-pRMPT_biggerまだです。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerそーですか!!まだですか!!



BFQit6Dg_biggerへるさんまだですってー!!



icon4099180455555141070hhound3_bigger………



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger死んでるぅぅぅぅ!!!




DSC00304
DSC00277
  ガタガタと止まらぬ震えがピタッ!!と治ったのはこの景色を見たから。駅のホームから降りてロードバイクで登ってこないと見れない、峠との関係性が大好き。1つ1つの峠の景色を刻んでまた次の峠を目指すんだろうな〜。 誰かを連れて行きたい、と思ってしまうのは峠の魅力なんだろうか。苦しさを通り過ぎた達成感から来る独りよがりな感情なんだろうか。


DSC00307

uc-pRMPT_biggerルートが消化出来るか分からないので、お昼の時間は15分ね。



icon4099180455555141070hhound3_biggerふぁい…

 

 いつもなら峠を1つ倒した後は、『帰りのルートどうする?』『全部走るわけ無いよね?』『ここから1番近い駅は〜』なんて会話が出てくるのに、この日は一切無し!!これぐらいはっきりと決断されるのも初!!ひとまず離脱するにしてもこの後の峠を1つ超えなければパージ出来ません。久々の飯が唐揚げタルタル丼という、胃腸炎上がりの胃袋には最悪の飯をかっ込みその旨さに悶絶し、やはり肉と飯は最高だ!!と体のボルテージを上げて登りの準備。 


DSC00311
DSC00314
  20分弱で終わらせた昼休憩では回復もクソもあったもんではないので、今川峠で無事に死亡。日陰だというのに汗が吹き出します。苦しみオブ苦しみの最中で何かが産まれそうになるのを必死に堪えて、ペダルを回し続けます。

  この今川峠、難易度的には結構優しめ。の予想だったのだがこの峠、東京ヒルクライムステージの1コースであるみたいで、普通に激坂。ハッキリとは覚えていないけれど、16%辺りの勾配が出てきたのは覚えています。ハッキリ言ってメンタルすりおろし坂である。日陰で湿った路面と鬱蒼と生い茂った杉の木々のせいでキングスライムのしかかりよろしく閉塞感。優雅な午後なんて糞食らえという山梨からのご挨拶は痛恨の一撃。


DSC00322
 丹波山村側に何とか下り、右に行けば奥多摩、左に向かえば柳沢峠のT字路。有名なアーティストの言葉で、十字路で悪魔に魂を売り渡した。なんて言葉を思い出した。この時の僕には悪魔に売り飛ばす魂も何も無いくらいカラカラのスッカラカン。逆に悪魔の魂をもぎ取ってしまいたいと思える位の飢餓感。

 奥多摩駅へ向かうのもあれだし、覚悟を決めて柳沢峠へ行こう。誰が言ったか忘れたけれど、この提案を承諾。まだ高い所に居る太陽に元気を貰った、という訳ではなく、ただ単純にここで帰るのは勿体無い。と貧乏性を発揮したからである。


DSC00325
  20数年の付き合いのある身体はここで愛想を尽かしたようで、同時に体力も底をついた、クライマックス直前で相棒に裏切られたデカコンビの片割れのように、へにゃへにゃと力が抜けてその場にへたり込む。もうだめだこれは。奥多摩へ引き返して離脱しよう。と決断。が、これをメンバーに伝えなければ駅へ引き返す事は出来ません。

 先頭グループへDNFを伝える為に先へ進みますが、ヘロヘロになり過ぎて走れない。少し進んではへたり込み、また進んではへたり込むの繰り返し。本気で後続にロードバイクが通りかかったら伝言を頼もう。と思うも、そんな時に限って一台のロードバイクも現れない。という事は進むしか無いのです。


DSC09895

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerぜはーぜはー…こっ、ここで僕はひきかえしまひゅ…



BFQit6Dg_biggerここまで来たなら登った方が早いよ。



uc-pRMPT_bigger極限状態なら身体の回復がなんちゃら



icon4099180455555141070hhound3_biggerいいからチョコ食え



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerファー!!!!!!!!





DSC00330
 犬切峠の入り口分岐で待っていてくれていた一向に、励まされてそのまま柳沢峠へ突入(白目)ひとまずアドバイス通り補給食のチョコバーを食べて、一休み。ここからはほぼ記憶がございません。 それは何故か。火事場の捨て力で先頭に出てひたすらにペダルを回したからであります。今までで1番頑張って登ったんじゃないか!?と思える位の攻め!攻め!攻め!結局わらび餅屋さんまで追い込みまくり。暑さからジュースを一気に飲み干し、そのまま再スタート。峠のゴール地点に着いた時には、またもやスッカラカンのかん。 


DSC00333

uc-pRMPT_biggerぼんさんぼんさん、富士山が見えるよ?



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerあっ!?




DSC00002
 グループ内で最年少なのにもはや敬語を話す余裕も無くなり、普通にへまさんにキレる。極限状態の自分をおっ広げ過ぎて、かなり配慮の無い本音をぶつくさ言っていたのを微かに覚えています。謝罪はしません。いや後ほど謝りましたが。 それでもこの ループ橋にはテンションが上がりました。気持ちの良いダウンヒルと開けていく景色と壮大な山々。これは本当に絵になる道です。ここの為に一度は行ってみても良いと思える位素敵な道でした。


DSC00346
DSC00046
uc-pRMPT_biggerこのまま降って塩山の街から帰るより、峠を越えた方が帰りやすいよ。



BFQit6Dg_biggerここが最後の峠だしね。



icon4099180455555141070hhound3_biggerここまで来たなら行くでしょ?だって2度とこんな所まで来る事はないでしょ?



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerもうどうとでもなれだよー!




DSC00085
DSC00090
 結果がこれですよ!!!ナイトヒルクライム!!(人生初)気温は確か7度位!?へまさんが登りたいと言って来た上日川峠。ここがラストにしてファイナルな魔王城でラストダンジョン!!開始から15%!!7.2㎞の看板を見て、どうせ斜度は何処かで落ち着くだろう。と思ったら残念落ちない!!11%が平地の斜度感覚ぶっ壊れのデスゾーン!

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerこれあかんやつですよ!!!



icon4099180455555141070hhound3_biggerこれはだめだ!!アホ坂だ!!



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger斜度が落ちない!!!死ぬ!!



 
 最初こそワーキャー!騒ぎながら登れましたが次第にそれも出来なくなるほどの辛さ。獲得標高は2500mをとっくに過ぎています。残り4㎞地点でもう足付き無しとかでは無く、夜の峠を越える事に集中しよう。と小休憩。その後も残り2.5㎞地点工事現場のプレハブの明かりで小休憩。もう小休憩しても体力が回復する見込みが無い完璧なハンガーノックだと認識。プレハブの作業員の方に何か食べ物か飲み物を分けて貰おうか本気で悩みつつ再出発。何故こんなにクソ辛いのか、後で調べてみると上日川峠の標高は1600m付近。この日走った峠の中で1番高い峠だったんです。それを皆初見でこの時間にってそりゃ辛いわ。

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerここに登ろうって言い出したへまさんは殴る…絶対に殴る…



icon4099180455555141070hhound3_bigger追い込まれた人間からは、その人の本質が見れるからいいねぇ




DSC00094
 罵詈雑言と寒さと暗さの中であげる叫び声が嵐のように木霊する上日川峠の夜。やっと明るい所に着いた!!と思うとそこは上日川峠のゴール地点、山小屋でした。へまさんを殴りつけると強く心に誓ってここまで耐えて登ってきましたが、

uc-pRMPT_biggerここカップラーメン食べられるよ。


 
 という一言でスッ、とそれまでの憎しみが嘘のように引きました。この時の僕の心境はシッダールータもびっくりの解脱ぶり。キリストもパンを叩きつけて悔しがる程の無欲。暖かい豚骨ラーメンを食べて暖まりこの時、サイクルボトルにラーメンスープを入れたい。と普段から言っていたへるさんの考えに激しく同調。この時ほど光と暖かさに幸せを感じた事は無く、気分はマッチ売りのぼん。寒い!マッチを買って!死ぬ!寒くて!マッチ!マッチ買ってよ!


DSC00354
 峠の気温は3度。極寒の中約17㎞ほどダウンヒルを結構。あいにくライトは明るい物を所持しあっていたので、お互いに照らしながら下りました。野良猫との追いかけっこ、道端狸一家の団欒の中に奇声を上げながら突撃で狸がビビる。動画を撮っていたへるさんに、あの時何言ってましたっけ?と後ほど聞くと、酷すぎて何も言えない。と返事が返ってきました。


DSC00355
 無事に甲斐大和駅まで帰還。覚悟とノリ!そして補給食は2倍持ってまさかの時用の軽量防寒具をサドルバックに忍ばせておけば大丈夫!で2016年最後にして最大のヒルクライムは終了!どんな場所でも、一緒に走ってくれる仲間がいれば距離とか標高とか関係なし。走り終わった後にあー楽しかった!で終われればそれでおっけー☆苦しみを楽しさに変えられるのが、ロードバイクの醍醐味かな。と少し悟れたような気もしないような勘違いのような気もした一日でした。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
 1回1回のライドを全力で楽しんでます.。゚+.(・∀・)゚+.゚ ブログランキングに参加中です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
  • いよいよ行くよ渋峠!!森林限界に挑むナイトライド 準備編
Amazonライブリンク
twitter
ブログ村ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自転車コミック
免責事項
ロングライドでいこう(仮)に掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。