032
 2014年の5月末に初めてのロードバイク・ビアンキ インテンソを買ってからもう2年半が過ぎました。今となって振り返れば、小心者で神経質でスポーツなんて文化に全然関心が無かった自分がまさかロードバイクを買うなんて、かなり大きな決断と買い物をしたなと思います。この買い物で人生が大きく変わった!!なんて事はありませんが、僕を取り巻く環境は大きく変化し、自らの行動も多様化していきました。良い事も悪いことも沢山あったけれど、後悔はありません。ロードバイクという趣味を始めた事は人生の中で、自分の選択は間違っていなかった!と胸を張って言える事の一つになったと思います。

 ご存知の方ももう多いと思いますが、そんなかけがえの無いものとなったビアンキ・インテンソはもう僕の元にはありません。実はもう手放していて、別のユーザーさんの所へお嫁に行きました。僕の元を去って数ヶ月、年末という事もあり2016年の煩悩と共に想い出も整理しておこうと思い、僕自身の記憶の宮殿の大掃除の為にも、今回はビアンキを手放す事になった理由をつらつらと残していこうと思います。 


077
 理由その1.経年劣化
 ・この経年劣化というのはフレームの寿命の事ではなく、僕の価値観の事。約2年半同じフレームに乗ったという事で飽きが出てしまったんです。僕自身の心の経年劣化であり、カーボンフレームの寿命は使い方次第では10年大丈夫!という人がいる位余裕があります。まあそもれ使い方次第ではあるでしょうが、基本のんびりと走るのが好きな僕はそんなに酷使させる事も上手い乗り方をする事も出来ず、時間を共に過ごしたと思います。そう考えると劣化というよりは変化と言った方が正しいかもしれませんが、なんとなくの気分で劣化としました。

 理由その2.カーボンでなくてもいいのではないか?という疑問
 ・正直に言いますと、初めてのロードバイクという事でフレームサイズやら素材・乗り方などを調べに調べて買った最初の1台!ではあったのですが、お気に入りの1台!という訳ではありませんでした。買った当初はそれはテンションが上がって最高!という風にはなっていましたが、今まで他のロードバイクに乗っていた訳でもないので、本当にこれが正解なのか?という疑念がうっすらと、少しずつふつふつと積もっていました。

 カーボンは乗り心地が良いと聞くけれど、そもそもカーボンと他の素材の違いを比べる物差しを、僕は自分の中に持っていないじゃないか!という事になったのは、乗り出して1年が経過していた頃でした。


 理由その3.他の素材への興味
 ・理由その2でカーボンで無くても良いと気づきましたが、それはカーボンから他の素材のフレームに乗り換える理由にはなりませんでした。カーボンでなくてもいいけれど、カーボンでも何の問題は無い。のです。変化より現状維持が最優先!という保守的な思考を持つ僕はそう考えていました。しかし他の素材への興味が無いのか?と聞かれれば、勿論あるに決まってる!と答えます。ロードバイクが避けて通れないのが素材の話題。アルミ・カーボン・ステンレス・チタン・特殊ですが竹なんかも使われているので、そこに心を動かされないのはよっぽど図太い人間。探究心と書くと少しおおげさになりますが、言ってしまうとそこに興味が沸かない人は、ロードバイクのガジェット要素を含む部分の楽しさを分かっていない。元々オタクだった自分にはこれがドンピシャにハマり、調べていくうちにどんどんと深い沼に沈んでいきました。


078
 理由その4.フレーム重量はあまり問題ではない? 
 ・フレーム重量を軽くするために何万円も出して機材をグレードアップさせるより、自分自身を軽量化させる方が遥かに効率的で安上がり、しかも速くなれる。F1然り軽量化には金がかかるもの。それはロードバイクも同じです。というかこれを知ってから辺りを見回すと、軽くて丈夫で効果的なものは高い。という事に気づきます。値段が高ければ良い物だというわけではありませんが、高いものにはそれなりの理由があります。目利きが効くようになったという話ではありません。

 速くはなりたくありませんが軽くはなりたいと長年デブをわずらって来たピザデブなら誰もが思うはず
です。加えてロードバイクの楽しみ方の一つのヒルクライムは重量が物を言います。それはレースでもインナーローヒルクライムでも一緒、重力に引かれた者の、人類の業です。つまり、デブだからフレームが~g重いとなっても、自分が痩せたほうが改善の幅が広い訳です。


 理由その5.シマノというコンポーネント
 ・コンポーネントは。・シマノ・スラム・カンパニョーロ、の3社の中から1つを選び、自分のロードバイクを組み立てていく。先ほど理由3で書いたロードバイクのガジェット要素を一番実感出来るのがこの部分。その中でもエントリー向け完成車の構成に入ってるのはほぼシマノで間違いないでしょう。ブレーキ等に各ロードバイクメーカーのオリジナルパーツが含まれている事もありますが、クランクやシフト関連はシマノ。

 安価で操作性の良いシマノ。プロの選手も練習ではアルテグラ。故障しても手に入り安い普及率。悪い噂を聞かないメーカーですし、僕も5700の105を使っていましたが不満はありませんでした。しかし現行の11速ではない事と、変速の操作が各社によって違うという部分に惹かれていました。


 理由その6.カンパニョーロというコンポーネント
 ・コンポーネントを変えることはホイール等も変える事になるので、どうせなら全部取り替えるつもりで選ぼう。と考え、どうせなら他の物も使ってみたいなー!というオタク意識が働きコンポはカンパニョーロを選択。名前が舌っ足らずな感じの響きがしていいのと、エルゴパワーというメガテン的なワードもお気に入りになった部分です。あとは完璧に見た目です。乗り味1:見た目9の割合にした方が乗っていて楽しいという事に気づきました。

 
030
 理由その7.フレーム形状に飽きた
 ・ロードバイクのフレームにはホリゾンタルとスローピングの2種類がありますが、インテンソは後者。昔はホリゾンタルが主流で現代はスローピングが主流。もちろんどちらにもそれぞれの良さや乗り味がありますがまあそこは置いておいて、ここからは完全に見た目のお話。ホリゾンタルは平行でいかにもロードバイクらしくて格好いい!論やら、スローピングはMTB寄りでちょっと・・・パイプは細い方が・・・ダウンチューブの太さが良い!という様々なご意見を沢山見ましたが、僕はホリゾンタル派。ビアンキ・インテンソがエントリーモデルで眺めのヘッドと緩やかなスローピングだったので、興味は全くの逆方向に吸い寄せられていったという訳です。

 理由その8.チェレステの見過ぎでげんなり
 ・ビアンキのブランドはカラーは言わずもがなチェレステ。女王様の瞳の色がこの色だった。年明けの空の色を再現した色。等々様々な説があります。ビアンキユーザーの8割はこのチェレステに惹かれて乗り始めたというのが僕調べで分かっています。ビアンキ=チェレステというイメージは、他のメーカーに乗っているローディーにも周知の事実といか常識に近いものがあります。というかライドに出ると必ずと言っていい程、チェレステのビアンキとすれ違う!地元の江戸川CRではそこまでではありませんが、荒川CRなんかを走るとすれ違いざまに目と目が合うその瞬間って感じ。

 今までの自分のロードに抱いていた愛着がスパッと剥がれ落ち、チェレステの多さにげんなりします。
その瞬間に愛しさ余って憎さ100倍の如くチェレステ成分を以下に減らせるかに脳みそが切り替わり、色素の勉強を始めるとか始めないとか。時間が経つにつれて良くも悪くも目立つこの色に振り回される事が多くなったのも事実。


 理由その9.ビアンキからの卒業
 ・チェレステに嫌気が指したという事は、ビアンキへの興味も同時に失くしたという事で。勿論チェレステ以外にもカラーラインナップはありますが、チェレステじゃないビアンキに乗ってもビアンキはビアンキのまま。どうせなら他のメーカー、それも同じメーカーを見すぎて嫌になったのだから、少し珍しい所にしたい!なのでこの頃にはもう2台目も継続してビアンキを買う。という考えはありませんでした。

 
DSC09231
 理由その10.全てはタイミング
  ・そんな思いが積み重なっている時期に、クロモリフレームが余っているよ!カンパの取り扱いあるよ!フレーム組めるよ!といったお話を頂きました。買い物はタイミング!と言いますが、正にそのとおり。気づいたらあれよあれよという間に話は進み、2ヶ月も経たずに納車完了。勢いがつくと言うよりは濁流に飲み込まれた感が否めません。さておき2年半もロードバイクに乗っている間にはこうゆう事になる事も多く、気づいたらホイール生えてた♪海外から何か届いたよね。奥さんにバレなければいいんだ・・・値段は問題じゃない。心は金で買う!と言ったパワーワードがあちこちから聞こえてくるので、こうなった事も不思議ではありません。ツッコミを入れる側からいつの間にかツッコまれる側に回るのがローディーなんです。

 理由その11.クロモリ
 ・2台目を組もうと思った一番のきっかけがクロモリフレームです。これが無かったら当分2台目を組む気はありませんでした。丁度タイミングよく所属しているチームでレストアブームとブルベブームが起きていて、その中でクロモリでブルベを完走したというお話を聞いていたのも大きいです。カーボンフレーム主流の中でクロモリを選ぶという反逆心、今まで人に倣った事ばかりしてきた僕が出したちょっぴりのというか天邪鬼な冒険。


 1台目に乗った経験から導き出される答えが2台目に反映される。正にそのとおりで、今までに上げた理由をまとめた結果がこのクロモリ弐号を組んだ理由で、ビアンキに乗らなくなった答えでもあります。ビアンキが嫌いになったという訳ではなく、今まで覚えたことをステップアップさせる為にも、ビアンキからは卒業したんだと考えています。

 人によって追い求める物は違いますし、目指す場所も違います。どこまでも続く道とか書くとちとテレ臭いですが、僕が出した答えもいつかまた違う道へと向かう通過点に過ぎないんだろうなと思います。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
1回1回のライドを全力で楽しんでます.。゚+.(・∀・)゚+.゚ブログランキングに参加中です。