IMG_1048
IMG_1046
  年末の落車で盛大にウェアを破きました。左肘の皮がベロン。と剥けていたので、当然その上にあったウェアはズタズタ。事故った時にはそこまで気が回らなかったのですが、病院に着いてから看護師さんにビブを脱がされそうになって『この下何も履いていないんです!!そうゆうものなんです!!』と必死に押さえつけてる時に気付きました。

  ロングスリーブジャージはまだ良いとして、数日前に今年買ったばかりのクラシックウィンドジャケットを電車内で落とし紛失、『もう着ないよ〜』という物をフォロワーさんに安く譲ってもらった物を、この日におろしたばかりだったので凄くショック。携行品保険に入っているとはいえ、何とかならんか〜!とアタフタした時に思い出しました。

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerそうだ。Raphaにはリペアサービスがある!!




無題
 リペアサービスがある。この為にRaphaを買っている!と言い訳に使っていたリペアをまさか使う日が来ようとは思いませんでした。

  お値段が高い事で知られているRaphaですが、品質の良さだけでなくこういったサービスの質も高いからこそ選んだんです。期間内の返品・交換が無料で出来るって、素直に企業努力とブランド力の高さを感じます。他と一線を画す素晴らしいブランドだと僕は思います。


147
  リペアの手続きはweb→商品をカスタマーセンターに発送。でも出来ますが、我が家にはプリンターが無く、骨折している時に発送用に梱包して送って〜、が難しかったので、直接店舗に持ち込めないかな?とカスタマーセンターに問い合わせをしたら可能という返答をいただいたので、早速持ち込んできました。


BlogPaint
  北参道にあるRapha Tokyoに持ち込み。スタッフさんに事情を話すと直ぐにリペア申請書の作成をしていただけました。ジャージの破けた箇所を確認して、図をパパッとデッサンしてもらい、書類に連絡先などの情報を書いてこの日は終了。『約4週間程で仕上がるかと思います。その際にはお電話でご連絡致します。骨折、無理なさらずお大事にしてください。』お礼を言ってスタッフさんと少し談笑し、この日は帰宅。仕上がりを待つ間は、黙って治療するのみ。


DSC01266
DSC01265
 先日電話が鳴り出てみると、Raphaからリペア完了の連絡でした。スタッフさんの言う通り4週間とちょっと位で作業は完了。

 その翌日にはRapha Tokyoへリペア品を受け取りに行ってきました。この時のスタッフさんの対応も凄く気持ちよかったんですよ。一点一点丁寧にリペア箇所の説明をして『リペアサービスを使う事が無いのが1番ですが、また何かありましたらお気軽にご相談ください。』フランクな会話の終わりにキチンとした挨拶、流石です。リペアに出さないともらえないリペアサコッシュ。があるのに遊び心を感じました。


DSC01269
DSC01268
 ズタズタに裂け穴が空いていた箇所は綺麗に修復されていました。これで春には思い切り山に着ていけます。その前に動けなくて太った体重を何とかしなくては!!使用して出来てしまったウェアのスレや解れもリペアしてくれるので、これからもRaphaは長く利用していきたいと強く思いました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 
↑ポチッとしていただけると嬉しいです(*´∇`*)