DSC02918
  ローディー約束の地とされていた飯能。しかし太陽フレアと密接に関連する関東圏のローディー500年に一度の活動期にあたり人々は相模原・秩父・伊豆へと移り、次第にその伝説は薄れていった。

  2018年は全くロードバイクに乗らなかったぼんはローディーとしての経験値がスッカラカンと抜け落ちている事に危機感を感じ、かつての信仰心を取り戻す為約2年ぶりに飯能の地へと赴いたのであった。


3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_biggerであった。とか言ってるけど冬の飯能寒い…つうか今日から大寒じゃん!!




DSC02917
DSC02915
  輪行自体が久しぶりで駅前1.5倍の時間がかかりましたが、やってきましたひがはん☆約2年ぶり。お久しぶりのひがはんちゃん(多分メス)も元気そうで何より何より。姿を見れただけでも来てよかった。

  本日の目標はリハビリ。半年ほどまともに・乗っていない・登っていない。つまりゾンビ化している。春先になり山にでも登ろう。なんて軽く思って突撃してしまったら最後、フォールアウトみたいな白骨になってロードバイク横に面白ポーズしてる事になってしまいます。

  お手軽な坂や峠に溢れる飯能〜越生地域。この土地に2年前にハマったのもその特性ゆえ。初心忘れるべからず。忘れたなら取り戻せばよし。という言葉を作り上げたので行って来ます。

DSC02919
DSC02932

icon4099180455555141070hhound3_bigger『おあようございまーしゅ♪』




3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger『おあようございまーしゅ☆





  お相手はいつものこの方へるはうんどさん。2人きりのホモライド。にたまたま来ていたキルハさんも合流して更に濃ゆいホモライド。飯能駅前から濃ゆくペダルを漕ぎ始めます。

  集合場所で落ち合った時点から気づいていながら見ないフリをしていた、そうあのピンク野郎。クマ吉が怖い。ツイッターで会話をしている演出をよく目にしますが、現実で見ても何か喋りかけて来そうな雰囲気を醸し出しています。

  この怖さというのは不気味といった感じで、マジで階段的な怖さです。付喪神というお話がありますが、どたらかというとチャッキー的な怖さです。


DSC02924
DSC02929
  ルートはお立ち台が撤去された弓立山をちょっと確認しに行こう。という軽めのヒルクラを織り交ぜたライド。道中ゴルフ場横の坂を登るも、以前何度か通ったことのある道。サクッと済ませてドローン撮影したりゆるキャン△ごっこでもしよう。といった定番のルートです。

  が、ナメくさった精神と衰えまくった体には定番なんてものは無く、親父ぃ!?この店の味も変わったな?と文句をつける客の如く、変わったのは貴様の体だボケナス。とガゼルパンチからのデンプシー激坂ロールでボコボコにしてきます。


DSC02935
  気付いたら目的地の弓立山にたどり着くまでに中々の時間が経過していました。手前の大クスでも見てトトロ感を補充して野生のジブリ屋の心意気を高めよう。なんて言っていたのに、

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger『大クスはもういいでしゅ…きっと日陰だから寒いっしゅ…横の道を下ろう…』




  300m先大クスという看板が出ているものの、途中の道で見えたのでOK。というか真下で見るよりも引きで見た方があの大クスは格好いい。


BlogPaint
  大クスの横に明らかにガレガレの道がありますが、降れば直ぐに舗装路だろ。という根拠のない経験則から突入。グラベルと呼ぶには厳しすぎる登山道なサムシング。

icon4099180455555141070hhound3_biggerグラベルたっのしゅぃ〜!』





ぶしゅー!!!!


icon4099180455555141070hhound3_biggerあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!クチョ!!!』




 クリンチャーの中で1番軽いタイヤに変えたんだ!!と目をキラキラさせえ告げた即日にパンク。流石です。


DSC02938
 スッ・・・


DSC02940
 サッ・・・


DSC02941
 チャッ・・・


DSC02945
  トラブルに遭っても折れない精神力と直ぐさまクマ吉を取り出すその姿は歴戦の戦士の様に見えますが、どちらかというと変態です。

DSC02950
  弓立山の山頂に着いた頃には1000アップ。中々の頑張りようで疲労困憊。しかもちょうど昼時。ですがこの辺に飯屋なんてある訳もなく。

  とりあえず降って飯能へ帰る頃には何かしら飯屋があるだろう。という舐めプ。その前に、せっかくときがわまで来たのならあのお店に寄らなければなりません。


DSC02953
DSC02954
  ときがわ町の小物屋さん。そう、ここに来なければときがわ町に来たことになりません。


DSC02956

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_bigger『ここで働きたい…』




 icon4099180455555141070hhound3_bigger『理想のビジネスモデルがこれだ。』




DSC02961
DSC02966
DSC02964
  ゴッゴッゴッ!と相変わらず美味すぎて3口で飲みほしました。美味しい…しかも冬場のボーナス焚き火…

  川のせせらぎを聴きながらバチッ…パチパチッ…と薪が爆ぜる音と温もりを感じられるマイベストプレイス…リハビリヒルクラをした後のご褒美に最高です。


DSC02968
DSC02967
  帰りは野呂駅前のガストで、メニュー表にあるカロリーチェックし厳選注文。ドリンクバーのお代わりは一回のみという意識の高い締めくくり。

  平地をいくら走ってもやっぱりヒルクラは別物。登らなければ登れなくなるのは、水が低いところに流れるが摂理。川を遡る鮭の如くどんどんと登って行く姿勢を取り戻していきたいと思います。ごめん自分でも何言ってるか分からないっすわ。



↓ぽちっとランキングに参加しています(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村