DSC03444
  新車を手に入れたから頑張ろう!!とテンションが上がった訳では無く、ただ単に輪行が面倒臭かったのとご飯を美味しく食べたかった。という理由で飯能まで自走をしてみた。

  流石に横に恐ろしく長い埼玉の、端から端の入り口(ラストダンジョンの入り口が飯能だと思ってる)まで自走するなんて今までは考えた事も無かったけれど、やってみたら何とかなったのが今回の記事。

  丑三つ時から降り始めた雨が残したウェットな路面。新車汚れるぅぅ!!と若干下がったテンション。けれど天気予報は右上がり。まぁそのうち乾くだろうし、飯能に着く頃には最高のライド日和になるだろう。とやけくそに水溜りに突っこむ。


DSC03446
  野田橋を渡り県道80号線を直進。地理的にはたぶん松伏。この辺りは一度走ったことがなかったのでかなり新鮮だった。といっても景色はいつもの県境にある埼玉。会社の倉庫や広い田んぼが広がっていた。


DSC03447
DSC03448
  田舎特有の癖のある会社を発見。こうゆう変わったオブジェ、創業者の趣味が表に出てる所ってなんだかなぁ。と思ってしまうのは僕が捻くれてるからだろうか。ただ単にそれ関連の会社なのかもしれないけど、なんだがワンマンなイメージをしてしまう。見てる分には楽しいけれどね。


DSC03449
DSC03450
DSC03453
DSC03454
  田舎道は長く続くけれど途中で国道16号を走るのは避けられない。いや、避けられるんだけれども、細かい住宅街と点在する小さい用水路をウネウネと進まなくちゃならない。なのでえいや!!と覚悟を決めて16号を進む。

  コンクリートがボコボコに捲れていてかなり走りづらい。流石に危ないなー。という区間は歩道を行く。自転車も通行可。とあるけれど明らかに道幅狭い。


  越谷辺りを越えたあたりから県道2号に復帰。自転車道が配備されていて天国かと思った。けれどまぁ直ぐに無くなるし、マンホールが端に寄せられていたりしてあまり走りやすいとも言えない。けどあるだけマシ。湿気といつのまにか出ていた日差しで汗で全身から汗が吹き出す。


DSC03455
DSC03456
  16号バイパスをなんとか攻略して荒川を越えた。確か以前、立川のCafe蘖まで自走した時は荒川までが物凄く遠かったな。今回は案外簡単だったのかな?なんて思いながら改めて埼玉の広さを感じる。


DSC03457
  8時半の集合時間まで残り1時間半。途中、あまりの道の悪さに16号が嫌になってしまいグーグルマップのナビサービスを使い、気付けば川越まで来ていた。

  背中から聞こえる、左です。右です。北東に進みます。の声がひとりじゃない〜とDEENの名曲を思い出させる。バッテリーの消費が早いけれど、中々優秀なナビなので重宝している。


DSC03459
  飯能の文字が青看板に出てきてやっとホッとした。青看板を見ると水曜どうでしょうの1シーンを思い出すのは俺だけじゃないはず。

  安心したのかどっとお腹が空いてきた。国道沿いに何度かゆで太郎を見つけて入るかどうか迷う。実はゆで太郎で食べたことがない。食い道楽コーラさんが定期的に食べている朝食セットがあまりにも美味しそうで、いつか食べたい!!と思っていたのだ。

  だがちょうど良いところにゆで太郎は無く、そのうち良い店があるだろう。とそのまま進む。


DSC03462
DSC03463
  299をそのまま飯能駅まで進むしか道はない。と思っていたが、橋を渡っている途中にサイクリングロードを発見したので即突入!道が伸びている先に飯能の山が見えているからたぶん大丈夫だろう。とここからはナビを切断。今までありがとうグーグルの音声さん。

  途中で入間川CRを走っている事に気づく。正式名称は確か川越なんちゃら自転車道だったような。そういえば昔ナベキチさんや誰かに飯能からの帰り道に引いてもらったのを思い出した。

  あの時は仲の良かったローディーも今では…なんてセンチメンタルな事は思わなかった。出逢いと別れはいつも突然なんだ。仲良くしたい人とだけ仲良くするのが僕です。


DSC03464
  川が湾曲している部分で若干飯能から逸れてしまうので早めに299沿いに復帰。後で調べたらもう少しCRで真っ直ぐ進めたみたいだ。けど飯能の路地裏の道も中々良かった。朝早くて人も交通量も少なかったからそう思ったのかもしれないけれど、住宅街の道は地元に似ていてなんだか走りやすい気持ち。


IMG_9685
  早めに県道に復帰したので朝食の店探し。すき家狭山店を発見したのだけれど、ロードバイクに鍵をしてガーミンを取り外してドアへ向かうと施錠されている。えー!?なんでー!?と看板を確認するも24時間営業。店員さんー?とノックをしてみるが反応無し。とそこで気づく張り紙。

  ちーん。朝ご飯が食べられない事よりも、従業員不足なのかなぁ?と考えてしまい少しテンションが下がった。けどこれで働いてる人の負担が軽くなってるならこれでいいじゃないか〜。24時間営業とか〜、と書き出すと浅い事しか書けないからやめておく。



DSC03466
  結局そのまま飯能まで行く事にした。8時半ぴったりに駅に到着するとタイミング良くトミィさんとアキアさんに会えた。この日2人は林道を登るルートで1900mUP程するらしい。梅雨前最後の晴れ間にがっつりルートも羨ましい。それにトミィさんルートには必ず美味しいランチが含まれているしね。

  
DSC03467
  2人と別れた後に今日のメンバーであるへるさん達と合流。皆が輪行解除をしている間ついでにロードバイクを見ていてもらい、隣の吉牛で朝食。

  思えば始めて吉牛で定食を食べたけれど中々美味しかった。しらすおろしはさっぱり口に運びやすいし、生卵ご飯にしてかっこんだ。60km走って来たので味噌汁が沁みる。んー美味かったご馳走さま。でもすき家の朝定食の方が安いかな。次からは安いすき家にしようと、薄いウォレットの中身を見て思った。


DSC03470
戻ると皆準備完了。思い返すとこの人数でのグループライドは久しぶり。と〜るさんとはほぼ2年ぶり位だった気がする。


DSC03472
  先頭を任せたあきあきさんがガーミンの操作に慌てているのに萌えたので1枚撮っておいた。


DSC03474
DSC03475
DSC03478
DSC03479
  走り始めるとすっかり日差しが登っていた。湿気はどこへ?と感じるくらい風が乾いている。山間に吹き抜けてくるこの季節の風がたまらなく好き。

  天然の緑のトンネルの下を走る時なんてもう最高だ。葉の隙間から降り注ぐキラキラとした太陽光、白と青が流れる空には思わずため息が出る。アーーーーー。と声を出してリフレッシュしてたけれど、皆そこはスルーしてくれる優しさ。


DSC03485
DSC03487
  越生の街に点在するゴルフ場の脇を通り抜ける時には注意が必要だ。なんやかんやしっかりと走る時なんて400mは上ぼるからゆるゆると進まないと肝心の峠に着く前にげんなりしてしまう。目的地に着くまでに疲労するなんてもったいない事になりかねない。


DSC03490
  んー、でもお腹が空いている時に食べるシロクマパンは美味いなー。と疲れた事を頑張ったと脳内変換してモグモグ。

  もう一つ位パンを食べたいかも〜?と思ったけれど、暑さにやられたのか食欲もそこそこだったのでやめておいた。あと牛乳パンを食べてる時にお店の女将さんがパートの女の人に感情を露わにして怒っているのがもろ聴こえたのでテンションが下がったのもある。聴いていて(めっちゃ大きい声で怒っていて聞こえてしまった)気持ちの良い内容じゃなくパートさんが気の毒になった。。。もう来るのは止そう。


DSC03491
  下がったテンションもリフレッシュ。大好きなときがわの小物屋さんのアイスコーヒー。本当に本当に美味しい。小川沿いにあるロケーションもバッチリだし、お店のご主人が漫画から出て来たような雰囲気なのもグッド。


DSC04712
DSC04717
DSC04719
  へるはうんど先生の新しいレンズで新車を撮影してもらいました。格好良く撮ってもらってありがたい。と思うもここでハンドルが下がっていた事に気づく。

  ガーン!!帰ってから気付いたけれどステムのトルク不足で下がって来ていたみたい。峠の下りで一回転しなくてよかった。


DSC03493
DSC03494
  今回のメインディッシュは白石峠。ストラーバを見返すと、下から登るのはほぼ2年ぶり3回目だった。

  ゆっこさんが初挑戦でタイムを計るというので目標はゆっこさんに食らいつく。だったけれど開始早々に千切られた。トレーニングをしてるゆっこさんの背中は力強く、カーブ毎に遠ざかってあっとゆうまに見えなくなった。


DSC03496
DSC03498
  途中から登り切る事に目標をチェンジしてゆるゆるとペダルを回す。残り3km~2.2kmの斜度がグッと上がる区間が凶悪にキツかった。残り600mのズドンと伸びる視野から外せないストレートも精神的に来るものがある。やはり白石峠は手強い。

  汗だくで峠に到着するとゆっこさんがガリガリ君を食べていた。そうそう、ここで食べるガリガリ君は世界一美味い。峠のおっちゃんは許可とかそこらへんどうなんだろう。なんやかんや言われながらも図太く商いをしているんだろうか?もしくはここで移動販売をするまでにはかなり苦労をした過去が…なんて思いながらシャクリとメロンソーダ味のガリガリ君を食べた。


DSC03503
DSC03508
  帰りは飯能まで戻らずにそのまま秩父へダウンヒル。皆はレッドアローでゆったりと帰るらしい。千葉県民の僕は西武秩父ではなく秩父鉄道で埼玉を横断して大宮まで出る。池袋経由で帰るより安いし時間も変わらない、おまけに乗車率も低いので輪行もしやすい。

  久しぶりのダウンヒル過ぎてずっとブラケットポジションで降っていたのに、降り切ってから気付いた。相変わらずダウンヒルは苦手だけれど、油圧ディスクに変えたのでタッチの軽さに手の疲れは激減!!


DSC03509
DSC03510
  御花畑駅で皆と別れて1人寂しく輪行準備。以前は栗橋方面から春日部へと乗り換えが2回程あるルートを使ったけれど、熊谷までの特急と運良く時間があったので切符を購入。

  ディスクに変えてからの輪行は2回目で、kualisにしてからはこの日がぶっつけ本番だったので思いのほか手間取ったら発車の7分前になってしまった。けれどお腹はペコペコ。以前は運悪く閉まっていた改札前のお蕎麦屋さんで何か食べようと決めていたので店員さんに『直ぐに出来ますか?』と聞くと『直ぐに出来ますよ!』と回答。なのでわかめ蕎麦を注文。した途端に列車が到着するとアナウンスが流れて焦りに焦って食べかけの写真1枚になってしまった。

  急いでいる時は熱々の蕎麦に水を足して冷ましながら食べるって運が悪い時にやるんだけど、こんな食べ方は僕だけかな?なんて思いながら急いで食べました。雑な食べ方をしたけれどお味は大変美味しゅうございました。急いだのに電車には余裕で間に合ったので、やはり焦ってもいいことは無い。常に余裕を持って行動しよう。とガタンゴトンと電車に揺られながら心に誓ったのでした。




ランキングに参加しています↓ポチっとしてくれると嬉しいです(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村