DSC07810
 ガジェットを使うために外に出よう。というのはオタクの正しい姿。なのかは分かりませんが、綺麗な写真を撮りたい=目的 から その為に購入した新しいレンズを使う=手段 と手段が目的になってしまうのはオタクらしさと言えます。

 手段が目的になっている。という言葉はよく聞きますが決してネガティブな言葉ではないんじゃないかなと思います。けっして満足のいかない写真になってしまったとしても、新しいレンズを使って試行錯誤あ~でもないこ~でもないと悩みながらシャッターを切る事にも、実は楽しさが詰まっているのではないか?と感じたのです。手段の目的化でも、そこにエネルギーが発生する事を否定しなくていいんじゃないかな?と思います。

 綺麗な写真を撮ってきたよ!ではなく、新しいレンズではどんな画が撮れるのか?僕はこれをどんな風に使えるようになるのか?今回はそんなスナップ写真備忘録記事です。



DSC07816
DSC07815
 年末に買いそびれたトレーナーの春夏物が入荷した。と、りひてぃさんから情報を貰ったので、この日はNIKE原宿kicks loungeへ行ってきました。僕の最近の流行はスポーツMIX。スポーツメーカーはもちろんお気に入りのNIKEを一点入れて、その他はユニクロやショッピングモールなんかに入っているイオンが母体のタウンブランド(アイテムにもよるけれど2~5千円位の服がメイン)のお手頃な洋服を着ています。


DSC07811
DSC07813
DSC07812
DSC07817
 試着を済ませて購入。黒に白いNIKEのスウォッシュがカッコよくてずっと欲しかったので、かな~りタイミングが良かったです。NIKE原宿kicks loungeではシューズやアパレルのカスタマイズが出来るのですが、今回は来店した時間も昼過ぎで、この後撮影をしながら有楽町まで歩きたかったのでそそくさと会計を済ませました。機会があればカスタマイズしてみたいですね。

 今回購入した商品はこちらNIKE公式

DSC07826
  表参道から一本外れた路地裏。遊び心のある工事現場の仕切にも原宿らしさが。


DSC07819
DSC07842
DSC07845
DSC07847
 平日でも賑わいを見せるメインストリートから一変して苔の生えた神社までの4枚。徒歩5分に生活圏内が全て詰まっているのが首都らしさ。



DSC07853
DSC07854
漢字一文字の看板を見ると、亀仙流を思い出してしまうのは僕だけではないはず。



DSC07837
DSC07867
  鉄!鉄!!鉄骨!!!むき出しの鉄骨とゴミ。特になにかを伝えたいという事でもなく、なんとなく男心をくすぐるジャンク感をスナップしてみました。しかしここは青山だぞ…なんかオシャレ感のカケラもねぇな…


DSC07870
DSC07875
DSC07876
  なんて思っていたら凄く癖のある建物がありました。無印とかで売っている何を挟むのに使うのか分からない木のクリップで作ってみました。みたいな建物。

  リンゴの看板?があったのでカフェかなぁ?とリンゴ好きとしては見過ごせない!とも思いましたが、目の前で何組もの女性のお客さんが入っていくのを見て『青山のカフェにソロはおっさん辛いな』とスルーしました。

  調べてみると台湾のカフェのようです。メインはパイナップル🍍リンゴもあるとか。地獄組という伝統的な組み方で作られた建築物なんだそうです。パイナップルも大好きなので、今度は是非行ってみたいです。


DSC07878
DSC07880
DSC07881
  お腹が空いたのですが、初見のお店に入ってご飯もなぁ。。。と思い歩きながら食べられるパンとコーヒーを求めてファミマへ。ちょうどイートインがあったので甘酸っぱいイチゴパンを頬張りモグモグしていると、目の前に見たことのある建物がありました。



DSC07883
  シマノ主体のカフェOVEが目の前にあったじゃないのよー!と軽く後悔。いやでもイチゴパン美味しかったからいいんです。



DSC07893
DSC07894
DSC07900
DSC07901
DSC07904
DSC07905
DSC07906
DSC07907
DSC07910
DSC07911
DSC07912
  気付けば青山を抜けて西麻布に居ました。大きな幹線道路は避けて路地裏を選んでいたら、千代田線の上をなぞるように歩いていたみたいです。

  路地裏にはお洒落なギャラリーが沢山あったりバブルが弾けた時から放置されてるのか?みたいな空きテナントやデカイワンちゃん。耳をすませばの地球屋のようなアンティークショップから、今時珍しいお酒の自販機を置いている古くからの酒屋さんまで、幅が広いぞ麻布。



DSC07915
  路地裏を選んで歩いていたら身体が冷え切ってしまいました。急いで日向に避難。日の当たっている、今度は少し大きめな道へ出てみました。



DSC07925
  麻布を抜けて六本木ヒルズの真横へ。未だに行ったことが無いです。下町から上流階級を見上げのを表現した一枚。

  嘘です。ただのお上りさんでした。


DSC07955
  たまたま新国立美術館の看板を見つけたので入ってみました。チケットを買うのかー?と思いましたが入館料は無料。展示物によっては料金がかかるとの事。


DSC07941
  外観から見えた波打っているかのような沢山のガラス驚きましたが、館内に入ってさらに驚き。吹き抜けのエントランスに近代的な造形の巨大な支柱を見上げてしまいました。



DSC07931
DSC07949
  下の2枚は窓枠をシャッキリと写したかったのでF値を11まで上げて撮影してみました。同じ形の窓枠が連なっている、こういったシンメトリーなー造形物って結構好きです。



DSC07950
DSC07951
DSC07952
  館内ショップにはやはり美術関連のお土産が多くありました。最近は大人の塗り絵が流行っていると耳にしたことがあります。僕も幼稚園ぶりに塗ってみたくなりました。



DSC07962
  東京ミッドタウン周辺まで来ました。この辺りで午後4時前。美術館で思いのほかゆっくりとし過ぎたようです。これは急がなければ。。。と思い公園を突っ切っていると何やら展示会が開催されてるではありませんか。



DSC07963
DSC07966
DSC07967
DSC07968
DSC07969
  スナップ散歩なんだから、目にした物に興味を持って立ち止まらないと意味がないな。と思ったのでこちらも入場。

 展示会かな?と思いきや、ギャラリーの主催者が定期的に全国から集めた物を売るスペースにお邪魔していたようです。展示会場は別館だったのですが、こちらもゆっくり見てみました。

  手染めの手ぬぐいが可愛かったので、ロードバイクに乗った時に使うように購入しようか迷いましたが、最近はロードバイクに乗っていないのでやめておきました。また機会があったら時にでも。


DSC07972
DSC07973
DSC07974
  そういえば昔おばあちゃんの家にこういった手編みで作られた籠なんかがあったなぁ。と思い出します。今見ると職人さんの細かな手作業が想像出来てます。



DSC07965DSC07982
DSC07980
  綺麗なガラスだなぁ。と見ていると、ガラスから透けた光が作る影が更に綺麗でした。これが一番のお気に入りで、じっくりと手にとって見てしまいました。


DSC08003
    ようやく本題の展示会へ。無印良品主催の民具を揃えた展示会らしいです。


DSC07987
DSC07989
DSC07991
DSC07997
  民具とは庶民の生活を支えた生活道具を指す言葉らしいです。どうやら展示物はその原点と現在の形との比較。見た人はどう感じ考えるかの問いかけのようです。

  構成される素材が変わっても大きく形が変わった物は少ないです。人は使う物を時代と共に洗練していく事で、生活を豊かにしていっているんだろうな。少しでも便利に、と照明や籠・履物を考え出した昔の人々の知恵と熱意が現代まで残り続いている事は凄い事だ。そう思うと、人の生活に寄り添う道具のデザインって無駄を省いて出来上がった、究極な合理的さの1つなんだ。と思いました。


DSC08005
  ゆっくりと回っていたらまさかの日暮れ時間。買い物も残していたので赤坂駅で千代田線に乗ってこの日は地元へ帰りました。この先の道はまた後日スナップ散歩をしてみようと思います。





ぽちっとして貰えたら嬉しいです(´∀`*)

にほんブログ村