DSC08624
 スパゲッティのパンチョ秋葉原店へ行ってきました。秋葉原に通うようになって10年と少々。いつからかここにあるかは分かりませんが、ドスパラの路地の角地にあることは、写真から溢れるアピール力でお分かりになる通り気づいていました。パンチョはナポリタンの大盛が無料なので、どの店舗でもそれに見合った大きな看板や幟が目印になっていて分かりやすいです。(個人のイメージです)


DSC08625
 店舗は地下一階。アンダーグラウンドな空気が薄れて行ってしまった今の秋葉原において、あの頃の空気を残している唯一のサンクチュアリではないか?と思えるくらいの暗さが最高です。目の前に券売機が仁王立ちしているのも、ユーザーに丸投げしている感が強者な雰囲気。

 ちなみに目の前の天井がむちゃくちゃ低いです。身長174㎝の自分は思い切りぶつけて恥ずかしい声を出しました。


DSC08630
DSC08631
 以前吉祥寺店で気になっていた【タルタルから揚げスパ】なるものを注文しようとするも券売機に表示なし。店員さんに聞こうとするも、券売機は店外にあるので気軽に聞ける感じでもなく(きっと期間限定だったんだろうな。。。)と自己解決。ならば!と期間限定のメニューの食券を買って入店。

 店内は流石秋葉原店と言ったアニメのポスターやフィギュアで飾られています。展示物は柏店に近いです。柏店はフランチャイズ店なので、もしかしたらここで修行を積んだ人がのれん分け的なサムシングかもしれませんね。


DSC08633
 【S&Bとろけるクリームシチューを使用した、シチューナポリタン 期間限定850円】
 僕の中で基準になってしまった麺400gで注文。山盛りの麺の上にたっぷりとシチューがぶっかけてあります。思えば初パンチョとなった柏店でもぶっかけを注文していた僕。単純にブサイクであり芸術的であり職人技が光る盛り付けが好きなんだと気づいた瞬間でした。


DSC08639
 驚くべきはこれ、お味噌汁です。なぜに麺で味噌汁・・・ここはスパゲッティ専門店だったはず、米類は一切提供していないはず。と困惑しますが、これは秋葉原店のオリジナルであり全メニューに付くデフォルトのようです。スパゲッティに味噌汁、イタリア人が聞いたらワインを床に叩きつけるレベルで怒りそうなマリアージュ。日独伊三国同盟の再来かよとセルフツッコミを入れましたが、普通に美味い味噌汁でした。


DSC08641
DSC08637
 ナポリタンとシチューの相性はというと、味は普通に美味い!しかし相性が良いかどうかという別に・・・といった感じです。美味いもの×美味い物=めっちゃ美味い! ではなく、美味い物+美味い物=そりゃ美味いでしょ。といった感じ。ナポリタンの上にかかったシチューを普通に食っている。ちなみに我が家では小さいころシチューご飯がデフォルトだったので、特にこのメニューの変わり物な気はしませんでした。


DSC08650
DSC08651
 ただ一点。とても良いシーンがありました。熱々のシチューがかかっている事によってスパゲッティが冷めずらい!最後の一口まで温かさを保ったまま食べれました。なので粉チーズの溶け具合も最高の状態へ持っていけます。ナポリタンの赤に負けていたシチューの白さが、粉チーズによって白く麺をメタモルフォーゼさせる。この瞬間、輝いてますよね。ちなみ粉チーズとの相性も特段良いという訳ではありませんでした。


DSC08656
 無事に完食。美味しいものを美味しく食べた。今回の季節メニューはそんな感じでした。食べ終わった後は体がポカポカで久しぶりに外でも汗をかきました。寒い冬らしいメニューでした。冷え切った体を温めるには最良なメニュー、それがシチューナポリタン。地球が氷河期に突入したらまた食べたいです。




ランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると嬉しいです(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村