ロングライドでいこう(仮)

初心者の私がロードバイク関連の日記を細々と書けていければと思いブログを始めました。よかったら見てやってくだちい。

初心者の私がロードバイク関連の日記を細々と書けていければと思いブログを始めました。よかったら見てやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロードバイク

ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】

DSC03511
 入梅したての肌寒い一日。今にも落ちてきそうな灰色の曇天を眺めながら、江戸川CRへと出てみました。なんだか汗を思い切りかきたい気分だったので、江戸川を南下するかな。と思うも、CRに出て南東からの風で一時停止。行きはよいよい帰りは怖い。もしくはその逆か。

 ライドへのモチベーションを高めるために背中に背負ったコンデジ。ブログを書くことを目標にすれば、充実した休日になるんじゃないか?と思ったわけです。という事で南下しても何もないので北上する事にしました。


DSC03513
 モチベーションを維持することが苦手な僕。前日にライドの計画を立てるも、そのまま実行出来ない、几帳面とものぐさが同居しているハートの持ち主。なんとかこれを解決出来ないか?と思い素直にグーグルで検索。するとこんな事がわかりました。

 モチベーションが低下してしまう原因潜在意識にある現状維持システムが働いているからで、これをホメオスタシスと言います。こいつは体温を一定に保ったり怪我のカサブタが出来るのもこいつのおかげ。良い事も悪いこともありとあらゆる変化を徹底的に阻止するという働きをするシステム。なので、現状を変えよう!という頑張りすら、ホメオスタシスが打ち消してしまうという訳なんです。しかも潜在意識に働きかけているので抵抗はほぼ出来ない。じゃあどうすれば良いのよ!!!という事で、以下がその対抗策。
  1. 行動の習慣化
  2. 無理せずダウンサイジングで継続
  3. 理想の自分を常にイメージ
 1は継続は力なりという言葉のまんま。習慣化させる事によりそれが普通になるのでホメオスタシスが働かなくなるという事。2は1を無理せず続ける逃げ道。今日は運動をしない。から、今日はいつもより運動量を減らそう。という助け船。3は潜在意識を騙す。毎日反芻してイメージをする事でホメオスタシスを騙す事になる。

 という事らしいのです。ざっくりと書きましたが、この1,2,3をすればモチベーションを保つことが出来るらしいので、早速意識して実行に移してみました。

 長々と書きましたが初日から失敗。関宿城手前の端で停滞。このまま帰ろうかな?と思うもいやいやせめて関宿城まで、ダウンサイジングだ!と自分に渇を入れます。


DSC03525
 気持ちへの活が追いつかなかったので体中を叩きながら痛みでテンションを上げてみました。そういった性癖の持ち主ではありませんが、体がポカポカしてくると同時にペダルも回り始め、気づけば目的地のすぐそばまで。ここまで来れば引き返すのも損ですし、後はもう行くのみです。


続きを読む

千葉〜秩父 白石峠は良い峠

DSC03444
  新車を手に入れたから頑張ろう!!とテンションが上がった訳では無く、ただ単に輪行が面倒臭かったのとご飯を美味しく食べたかった。という理由で飯能まで自走をしてみた。

  流石に横に恐ろしく長い埼玉の、端から端の入り口(ラストダンジョンの入り口が飯能だと思ってる)まで自走するなんて今までは考えた事も無かったけれど、やってみたら何とかなったのが今回の記事。

  丑三つ時から降り始めた雨が残したウェットな路面。新車汚れるぅぅ!!と若干下がったテンション。けれど天気予報は右上がり。まぁそのうち乾くだろうし、飯能に着く頃には最高のライド日和になるだろう。とやけくそに水溜りに突っこむ。


DSC03446
  野田橋を渡り県道80号線を直進。地理的にはたぶん松伏。この辺りは一度走ったことがなかったのでかなり新鮮だった。といっても景色はいつもの県境にある埼玉。会社の倉庫や広い田んぼが広がっていた。


DSC03447
DSC03448
  田舎特有の癖のある会社を発見。こうゆう変わったオブジェ、創業者の趣味が表に出てる所ってなんだかなぁ。と思ってしまうのは僕が捻くれてるからだろうか。ただ単にそれ関連の会社なのかもしれないけど、なんだがワンマンなイメージをしてしまう。見てる分には楽しいけれどね。


DSC03449
DSC03450
DSC03453
DSC03454
  田舎道は長く続くけれど途中で国道16号を走るのは避けられない。いや、避けられるんだけれども、細かい住宅街と点在する小さい用水路をウネウネと進まなくちゃならない。なのでえいや!!と覚悟を決めて16号を進む。

  コンクリートがボコボコに捲れていてかなり走りづらい。流石に危ないなー。という区間は歩道を行く。自転車も通行可。とあるけれど明らかに道幅狭い。


  越谷辺りを越えたあたりから県道2号に復帰。自転車道が配備されていて天国かと思った。けれどまぁ直ぐに無くなるし、マンホールが端に寄せられていたりしてあまり走りやすいとも言えない。けどあるだけマシ。湿気といつのまにか出ていた日差しで汗で全身から汗が吹き出す。


DSC03455
DSC03456
  16号バイパスをなんとか攻略して荒川を越えた。確か以前、立川のCafe蘖まで自走した時は荒川までが物凄く遠かったな。今回は案外簡単だったのかな?なんて思いながら改めて埼玉の広さを感じる。


DSC03457
  8時半の集合時間まで残り1時間半。途中、あまりの道の悪さに16号が嫌になってしまいグーグルマップのナビサービスを使い、気付けば川越まで来ていた。

  背中から聞こえる、左です。右です。北東に進みます。の声がひとりじゃない〜とDEENの名曲を思い出させる。バッテリーの消費が早いけれど、中々優秀なナビなので重宝している。


DSC03459
  飯能の文字が青看板に出てきてやっとホッとした。青看板を見ると水曜どうでしょうの1シーンを思い出すのは俺だけじゃないはず。

  安心したのかどっとお腹が空いてきた。国道沿いに何度かゆで太郎を見つけて入るかどうか迷う。実はゆで太郎で食べたことがない。食い道楽コーラさんが定期的に食べている朝食セットがあまりにも美味しそうで、いつか食べたい!!と思っていたのだ。

  だがちょうど良いところにゆで太郎は無く、そのうち良い店があるだろう。とそのまま進む。


DSC03462
DSC03463
  299をそのまま飯能駅まで進むしか道はない。と思っていたが、橋を渡っている途中にサイクリングロードを発見したので即突入!道が伸びている先に飯能の山が見えているからたぶん大丈夫だろう。とここからはナビを切断。今までありがとうグーグルの音声さん。

  途中で入間川CRを走っている事に気づく。正式名称は確か川越なんちゃら自転車道だったような。そういえば昔ナベキチさんや誰かに飯能からの帰り道に引いてもらったのを思い出した。

  あの時は仲の良かったローディーも今では…なんてセンチメンタルな事は思わなかった。出逢いと別れはいつも突然なんだ。仲良くしたい人とだけ仲良くするのが僕です。


DSC03464
  川が湾曲している部分で若干飯能から逸れてしまうので早めに299沿いに復帰。後で調べたらもう少しCRで真っ直ぐ進めたみたいだ。けど飯能の路地裏の道も中々良かった。朝早くて人も交通量も少なかったからそう思ったのかもしれないけれど、住宅街の道は地元に似ていてなんだか走りやすい気持ち。


IMG_9685
  早めに県道に復帰したので朝食の店探し。すき家狭山店を発見したのだけれど、ロードバイクに鍵をしてガーミンを取り外してドアへ向かうと施錠されている。えー!?なんでー!?と看板を確認するも24時間営業。店員さんー?とノックをしてみるが反応無し。とそこで気づく張り紙。

  ちーん。朝ご飯が食べられない事よりも、従業員不足なのかなぁ?と考えてしまい少しテンションが下がった。けどこれで働いてる人の負担が軽くなってるならこれでいいじゃないか〜。24時間営業とか〜、と書き出すと浅い事しか書けないからやめておく。


続きを読む

KUALIS CYCLES モダンスチール オーダーフレームという選択肢

DSC03349
 一度は夢見るカスタムオーダーフレーム。自分の身体に合った、自分が乗るためだけの、世界に一台しかない唯一無二のフレーム。自分が導き出した答えに乗る快感は、一体どんなものなのだろう?

 ・アルミのLOUIS GARNEU ・カーボンのBianchi ・クロモリのWATANABE と今まで3台のロードバイクを乗り継いで来ました。その中でも一番ハマったのがスチールバイク。その乗り心地はカーボンに負けず劣らず、安定した速度域を保つフレーム特性、細くて美しいパイプ形状。ここには挙げきれないほどの魅力が、クロモリには詰まっています。

  きっと誰しもが、ロードバイクを購入するにはどうすればいいのか?'という敷居の高さを感じたと思います。吊るしのロードバイクではなくオーダーフレームなら、購入のハードルは更に高く感じる事でしょう。この記事では出来るだけ詳細に、ロードバイクのオリジナルフレームをオーダーする方法を書いていけたらな。と思います。


FullSizeRender
  【KUALIS CYCLES】国内の松田自転車工房でフレーム製作を学び渡米。チタンフレームで有名なSEVEN CYCLESでビルダーを務めます。同時に自身のブランドであるKUALISを立ち上げ、2016年に和歌山に工房を移転。ビルダーの西川氏が手がけるオリジナルハンドメイドフレームビルダーブランド。ロードレーサー.MTB.CXのオーダーが可能であり、国内でも数少ないチタンを手がける事が出来るブランドです。

 僕が知った2015年辺りでは、オーダーフレームを乗っている方が周りに居ませんでしたし、珍しいフレームブランドの情報を発見できませんでした。公式HPやオーダーされた方のブログを読みあさりますが中々実態を掴めずにいました。工房を国内に移した2016年夏を過ぎてからは、国内のネットメディアでの情報も増えていき、去年の頭には札幌で展示会が開かれ初夏には某雑誌に特集が掲載されました。

いつかはKUALISで一台オーダーしたい。】と考えていた僕に、この雑誌の特集がひと押しとなりました。


  と言っても自ら連絡を取り付けフィッティングに和歌山へ向かう訳ではありません。きちんと国内に取り扱いのあるショップがたくさんあります。その中でも、いつかはお世話になりたい。と考えていたショップが【&bicycle】私の住んでいる千葉県内にあるお店。店主の渡辺さんはメカニックでありながら、ライダーとしてもとても豊富な経験を持ち、その経験から乗り手の意見を吸い上げてくれる人。自宅から江戸川CRを使い片道35㎞程で行けるショップです。


  『やはり身体に合った自転車に乗る事は大切ですね。その点KUALISのオーダーという選択は間違いないと思います。』色々とKUALISに対するお話を伺った際の一言。自分が出した答えに赤マルを貰ったような気持ち良さでした。

 納期は約3ヶ月Over。フィッティングを行いオーダーシートを作成しKUALISへ注文。その後出来上がったジオメトリーシートを確認し、OKならフレームを発注。2ヶ月程でフレームが作成されそこからペインターの元に発送。ペイント待ちで1ヶ月弱。そこからパーツの組み付け。

 思った程かからないな。といったのが最初の印象。とは言えカスタムオーダーフレームは初。ジオメトリーシートの確認で修正を入れたくなったり、仕様を追加するとその分納期は増える。加えてパーツのアッセンブルも行わなければいけません。最大の山場はペイントを指定しなければならない。センスが無い自分にはこれが一番難所でした。

  数回のショップ訪問をして引き続きお話を聞きながら自分のイメージを伝えていきました。その後一先ずの見積書を作成してもらい大体の予算を把握。実際にオーダーを入れたのは、2017年7月の頭になりました。


続きを読む

手賀沼CRに新たなカフェタイム【coffee stand 花小鳥】へ行ってきた

IMG_9485
  日差しを隠す雲が気持ちいい間隔で空に浮かび、カラッとした南風が吹いた1日の午後。夜勤から目覚めた僕は何となく動けずにいた。中学時代の友人が亡くなっていたと報せが入ったからだ。20代、早すぎる死。ここ10年程連絡を取っていなかったけれど、大切な青春時代を共有した友人であったのと、知り合いの死を初めて体験した僕には、ショックが大きかったからだ。

  それでも、気持ちを切り替えようとシャワーを浴び終えた所に、友人のでくぼうさんから連絡が入った。以前約束していた手賀沼のカフェに行ってみませんか?


IMG_9484
IMG_9481
  汗をかけば気持ちも前向きになるだろうと思い、去年買ったfast passのショーツに着替えて出発。江戸川沿いの田植えは終わり綺麗な水が張られ、苗が風に揺れていた。


IMG_9498
  三郷のいつものたまねぎで合流。奇しくも、でくぼうさんも短パン。大堀川沿いを抜けて手賀沼を目指す。


IMG_9499
  手賀沼CR沿いではなく、対岸側【北柏ふるさと公園】の中にOPENした【coffee stand 花小鳥】綺麗な外観の店舗には壁掛けタイプのサイクルラックが付けられていてローディーウェルカムなのが嬉しい。併設された大きなウッドテラスの開放感が気持ちよく、ゆくゆくはそこでバンドの演奏なんかも楽しめるようになるらしい。丁度アコーディオンの方のプレセッションが開催されたので聞いてみたが、素晴らしい演奏だった。


IMG_9500
IMG_9501
  アップルパイのドリンクセットを注文。沈んでいた気持ちが元気になるくらい美味しかった。ランチもやっていてかつ営業時間も長いので、仕事終わりに来ることも出来そう。

  手賀沼沿いにカフェは多いけれどロードバイクで入るには盗難の心配やらでちょっと…とというか場所が多かったので、駐輪したロードバイクも見やすい公園内に出来たのが嬉しい。


  往復40km、汗をかくには少し足りなかったのだろう。江戸川の土手に沈んでいく夕陽が滲んだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

【2018年】最近の江戸川CR &利根川CR【5年目のサイクリングロード】

DSC03134
  2018年の自転車シーズンがやってきた。降水量も少なく気候も穏やかな初夏。サイクリストにとっては1番テンションが高まる時期なんじゃ無いだろうか?

  ロードバイクデビューをした人や新天地で新たなルートを開拓している人も多いだろうけど、特に変化のない僕は5年目の江戸川CRを迎えた。


DSC03135
DSC03136
DSC03137
  それだけ乗っていたら週末ルーティーン。新しい物を発見するのは難しく繰り返すだけのライドだな。なんて勝手に決めつけてた。けれどいつものルートで一本道を曲がる。ただそれだけの事をしなかった自分の行動力の無さが、飽きの原因だと思い知った。


DSC03143
  布施弁天の隣にある柏あけぼの山公園。この時期のチューリップがとても有名らしく、たくさんの人で賑わっていた。

  朝9時頃だったけれど、はなびらが開ききっていて見頃を逃した。それでも色とりどり沢山のチューリップはとても綺麗だった。しっかりチューリップを見たのなんて幼稚園以来だったので、原色の鮮やかさに心奪われてしまった。来年はきちんと調べてからまた見に来ないと、これは勿体ない。


DSC03157
DSC03160
  帰り際に大堀川沿いをぶらり。一年中どの季節で走っても気持ちの良い小川沿いのルート。特に桜の時期は桜のトンネルの中を走れるのが最高。3㎞程続いている桜並木はすっかり新緑に染まっていた。

  その中で見つけた今シーズン最後のピンク。ふわふわな花びらのインパクトが強烈だったので、その中でも綺麗な物を選んで1枚撮影。木の名前を調べようとしたけれど、立て札的な物には人の名前があるだけ。1本1本に名前が書かれた立て札が設置してあったので、きっとこの辺りの自治体の方が大切に管理して居るのだろう。

  ロードバイクで走る楽しみの一つが景色を楽しむ事。こういった活動をしている人には素直に感謝だ。また来年も綺麗な花を見せてほしい。


DSC03177
DSC03178
  この日は仕事終わりにぷらっと三郷の玉ねぎまで。日暮れの時間も伸びたので、少しでもライド出来る時間が増えるのが嬉しい。けれど日差しも強くなってきたので、夕方といえどアームカバーは欠かせない。


DSC03184
  そろそろKONA ROVE STに乗り始めて2ヶ月だなぁ。とキリが良くない数字が浮かんだ。良いところも悪いところも見えてきたので、改めてブログ記事にしても良いかもしれない。


IMG_9264
IMG_9269
    先日の銚子ライドで日焼け止めの重要性を思い知ったので、今年分を購入してきた。毎年ワコーズのアグレッシブデザインを使っていたけれど、キャットアイの今年出した新商品が話題になっていたので買ってみた。

  表記されているUVケア云々はワコーズの物と大差無い。内容量がこちらの方が少なく、その分値段もコンパクトになっていて2790円。

  ワコーズのアグレッシブデザインは朝の長野駅で塗ってヒルクライム&ダウンヒル、木崎湖で泳いで松本のホテルに帰って、シャワーを浴びても中々落ちなかった位強力なのは体験済み。キャットアイがそこまで迫れるのか、夏本番までには使い切るだろうし、比較するには良い容量だと思う。


IMG_9320
  大堀川上流沿いはつくばエクスプレス流山オオタカの森駅の開発に伴い、ここ10年近く住宅地開発されて人口が増えた。実際にオオタカの住む森はもう無くなっていて、その名残が駅名になった。と聞いた事がある。

  マンション開発がひと段落したと思いきや、最近は戸建が建築されている。保育所や小児科、川沿いには綺麗な公園、ファミリー層には住みやすい土地になったのが、鯉のぼりの大軍を見て分かる。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_9318

  田んぼに水が張りキラキラと輝いて眩しい。風になびく苗が気持ち良さそうだ。農道にはトラクターから落ちた泥が乾ききっていない。丸くて可愛い鴨たちが気持ちよさそうに水面を泳ぐ姿にうっとりとしてしまう。

  5年目の江戸川CR &利根川CRも最高です。


ランキングに参加しています↓ポチっとしてもらえると嬉しいです(´∀`*)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ぼん、ぶーさん、か...

ギャラリー
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
  • ホメオスタシスと源義経伝説&らき☆すた【静御前の墓】【鷲宮神社】
Amazonライブリンク
ブログ村ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自転車コミック
免責事項
ロングライドでいこう(仮)に掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。